【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】2回接種後2週間で「重症死亡」ゼロ 大阪府が分析

感染防止対策を呼びかける大阪府の吉村知事

 大阪府は、3月1日から8月15日までに府内で判明した新型コロナウイルスの新規感染者8万5325人のうち、2回目のワクチン接種後、免疫を獲得するとされる2週間以上が経過して発症した人は317人(0・4%)にとどまり、重症者や死亡者はいなかったという分析結果を発表した。府はワクチン接種が感染や重症化の予防に効果があるとみて、データ収集と分析を続ける。

 ワクチンを1回以上接種して感染した人は2118人(2・5%)。このうち1801人は1回接種したか、2回接種後2週間たたないうちに発症した人で、8月15日までのデータに基づく重症化率は1・7%、死亡率は1・0%だった。未接種などの8万3207人の重症化率は2・4%、死亡率は1・9%だった。

 接種歴を元に、年代別に人口10万人当たりの新規感染者数を算出したところ、65歳以上は未接種が108・3人だったのに対し、2回接種後2週間以上経過した場合は5・5人。40~64歳では未接種が256・1人に対し、2回接種後が10・4人、30歳以下(年齢不明含む)では未接種が352・8人に対し、2回接種後が34・9人といずれも大きな差がついた。各年代ともに未接種者に比べて、接種完了者の新規感染が少ないという結果になった。

 吉村洋文知事は「ワクチンを2回打って14日たてば発症自体を抑え、重症化や死亡リスクを下げる効果が非常に高い」と述べ、接種を呼びかけている。

つづく

関連記事

  1. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】各国がワクチン接種3回目の「ブースター」 

  2. ファイザー、モデルナ、アストラ…承認ワクチン3製品 特徴と副反応は

  3. 東京五輪まであとわずか。 米選手団の姿なく~ホストタウン世田谷

  4. 発熱、だるさ…コロナ自覚症状、1万人調査で判明

  5. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】接種会場では熱中症予防も重要 自衛策をしっかりと

  6. 厳戒下でフジロック開幕 観客数減らし、飲酒禁止も

  7. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】ワクチン接種、心筋炎などの副反応報告も…“打つ利益”が上回る

  8. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】大規模接種センターへは無料バス

  9. 【コロナ禍の入院・介護・看取り】すい臓がんの夫を見送る㊦

logo logo

連載

PAGE TOP