【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】接種加速へ「アメとムチ」 国内外で様々な取り組み

若者の接種促進へインセンティブについて説明する山本一太知事=6日、群馬県庁

群馬県ではクルマが当たる特典

 デルタ株による感染が若年層を中心に拡大するなか、国内外でワクチン接種率を上げるための取り組みが行われている。

 群馬県の山本一太知事は、9月末までに2回接種した県内の20~30代を対象に、抽選で車や県内旅行券が当たる特典を始めると発表した。2万~5万円分の県内旅行券が計350人に、県内に製造拠点があるSUBARU(スバル)が提供したスポーツタイプ多目的車(SUV)が1人にそれぞれ当たる。

 米国ではバイデン政権が、州や市など地方自治体に新型コロナ対策の連邦予算を活用して新規接種者に100ドル(約1万1000円)の報奨を出すと呼び掛けた。

 スウェーデンでは、ワクチン未接種の国民らに、国内のほとんどの店で使える200クローナ(約2550円)分の割引券を支給した場合、接種がどれほど進むかを調べる実験を始めている。

 一方、未接種者に厳しい対応を行う企業も出てきた。米CNNテレビは、ワクチン接種を求めたにもかかわらず接種せずに出社していたとして、従業員3人を解雇した。再発防止のため、従業員に対し接種証明書の提示を求める方式を数週間のうちに採用するという。

 米国ではIT大手のフェイスブックやグーグルなどが従業員にワクチン接種を求める方針を打ち出しているほか、新聞大手ワシントン・ポストは、接種を雇用継続の条件としている。

つづく

関連記事

  1. 【さかもと未明画伯のアート超入門 ⑨】最初の作品生み出した「鬼の一念」

  2. デパ地下、家族づきあい…職場集団感染で浮かぶ対策の「盲点」

  3. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】変異ウイルス撃退できるか? ファイザーやモデルナ製「効果確認」

  4. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】接種翌日には「仕事をするのがだるくなる」ほどの倦怠感も

  5. コロナ感染者減、世界で「独り勝ち」も…水際対策の緩和、本当に大丈夫? 

  6. 3月の東京の感染5千人 AI試算 第5波並みか

  7. コロナ第4波、スーパーなど非飲食店舗で感染拡大の衝撃

  8. コロナワクチン 自治体の半数「年内に終わらない」JX通信社

  9. コロナ禍で広がるオンラインツアーの魅力

logo logo

連載

PAGE TOP