【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】モデルナ2回目の後に8割発熱 厚労省調査

1回目と比べると10倍以上、ファイザーの2倍 

 自衛隊や自治体の大規模接種センターを中心に使われている米モデルナ製ワクチンの副反応について、2回目接種後、約8割の人で37・5度以上の発熱があったとする中間報告を厚生労働省の研究班がまとめた。1回目と比べると10倍以上の頻度となっている。

 調査は自衛隊職員ら1万人強を対象としたもので、2回目接種が完了した約2500人のうち78・4%の人で37・5度以上の発熱があり、38度を超えた人も61・9%いた。ほとんどの人で接種翌日に症状が現れ、全体の約4割が仕事を休んだという。1回目接種で発熱した人は7・3%だった。1、2回目に共通して、女性で若い人ほど発熱しやすい傾向があった。

 研究班では医療従事者約2万人を対象に米ファイザー製でも調査を実施している。2回目接種後の発熱は38・1%、38度を超えた人は21・3%だった。調査対象の人数や年齢構成、男女比が異なるため単純比較はできないが、モデルナはファイザーのほぼ2倍となっている。

 モデルナ社は米国の約3万人を対象とした治験で、ワクチン2回接種完了から6カ月の間、発症を防ぐ有効性は93・2%とする治験結果を発表した。重症化予防では98・2%で死者はいない。ファイザー社も7月末、2回接種後の発症予防の有効性について2カ月後までに96・2%、4カ月後以降では83・7%とした。

 いずれも高い有効性を示しているが、デルタ株の感染を踏まえて3回目接種の必要性も指摘している。

つづく

関連記事

  1. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】今後は毎年の接種が必要になるのか? 医師・村中璃子氏に聞く

  2. コロナ第4波、スーパーなど非飲食店舗で感染拡大の衝撃

  3. 【コロナ後こうなる!】米航空需要7割に回復、増便でCA呼び戻しも 日本の空はどうなる? 

  4. ワクチンの「キラーT細胞」オミクロンにも一定効果か

  5. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】木村盛世元厚労省技官「医療従事者への先行接種で安心感」

  6. 高齢者接種始まる「いつ、量は…」ワクチン供給に自治体不安

  7. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】ワクチンの余りを捨てない知恵 急なキャンセルに各自治体が工夫

  8. 「ワクチンパスポート」が世界で拡大 米欧、経済再開の切り札

  9. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】寝たきりの人も「在宅接種」検討

logo logo

連載

PAGE TOP