【緊急事態解除後のコロナ対策】進化し続けるワクチン…それでも「油断してはいけない」

コロナは消えない、他の感染症もある

 感染者数が急減している新型コロナウイルス感染症。そのワクチンは、2回接種が希望する人全てに対し、11月までには完了すると見込まれる。また、3回目の追加接種(ブースター接種)が検討される一方、治療薬では中外製薬の「抗体カクテル療法(中和抗体薬)」の登場や、塩野義製薬の飲む治療薬の承認申請なども進展している。ようやく新型コロナウイルス感染症が「インフルエンザ並み」に近づきつつあるように見える。だが、油断できない。

 「パンデミック(世界的な大流行)が続いている限り、日頃からの感染予防の徹底とワクチンを上手に活用することが大切になります。新型コロナウイルス感染症は、決してなくなるわけではありません。気を緩めないで取り組んでください」

 こう話すのは、国立感染症研究所感染症疫学センター予防接種総括研究官の多屋馨子医師。さまざまなワクチンの普及に尽力している。

 「現在、新型コロナワクチンは有効性が高いものとして、多くの方に接種をしていただいています。でも、ワクチン接種が進み治療薬が登場して感染拡大が収束すると、ワクチンや予防のことは忘れられてしまいがちです。この機会にぜひ関心を高め続けていただきたいと思います」

 1918年にパンデミックを引き起こしたスペインインフルエンザ(いわゆるスペイン風邪)は、世界の人口の約3分の1が感染し、亡くなったのは4000万人以上と報告されている。このパンデミックの15年後にインフルエンザウイルスが分離され、生ワクチンの開発が始まった。さらに1950年代に不活化ワクチンが登場。治療薬としては98年の「アマンタジン」、21世紀には「オセルタミビル」などが次々に承認され、インフルエンザワクチンとの両輪で重症化予防が行われている。このような状況下でも、毎年流行のインフルエンザ予防はつい忘れがちだ。

 「新型コロナウイルス感染症の流行以降、さまざまな予防対策の効果もあり、昨年来、インフルエンザ、子どもの間で流行する手足口病やヘルパンギーナなど、数多くの感染症の減少傾向が今も続いています。予防を徹底すれば、防げる感染症が多いことが証明されたともいえます」

 新型コロナウイルスの感染者数が減りワクチン2回接種も済むと、つい気が緩むことがある。だが、2回のワクチン接種完了後、効果が現れる14日以上経ってから感染するブレイクスルー感染の恐れもあり、感染リスクは依然として変わらない。また、新型コロナの場合は接種券が届くとワクチンを意識するが、ほかの感染症のワクチンは、身近に感染リスクが迫らないかぎり“蚊帳の外”になりがちだ。

 「大人が受けられるワクチンもいろいろあります。また、風疹のように自分を守るのはもちろん、妊娠したご家族や職場の同僚への感染予防のため、ワクチンを活用していただきたい世代もいます。ぜひ、予防やワクチン接種をもっと意識していただきたいと思います」と多屋医師は警鐘を鳴らす。

■主な大人のワクチン接種

□インフルエンザ

□肺炎球菌

□帯状疱疹

□風疹(注)

□麻疹(はしか)

□水ぼうそう

□おたくふくかぜ

□B型肝炎

□破傷風

□百日せき

□海外渡航前に受けることが多いワクチン(黄熱、狂犬病、A型肝炎、ポリオ、日本脳炎、髄膜炎菌など)

※注=1962年4月2日~79年4月1日生まれの男性に対し公費による風疹抗体検査と抗体が低い人への麻疹・風疹混合ワクチン〈MRワクチン〉の定期接種を2022年3月末まで実施中(国立感染症研究所予防接種情報「成人用予防接種記録手帳」から)


■多屋馨子(たや・けいこ) 国立感染症研究所感染症疫学センター予防接種総括研究官。1986年高知医科大学(現、高知大学医学部)卒、小児科医。大阪大学医学部附属病院・関連病院小児科、同大医学部微生物学講座・小児科学講座を経て、2001年から国立感染症研究所へ。感染症情報センター主任研究官、2002年から室長、2021年4月より現職。

関連記事

  1. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】会場検索は厚労省サイト「ワクチンナビ」が便利

  2. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】ワクチン接種、リラックスした方が針が入りやすい

  3. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】接種完了の80代女性に聞いた「全身筋肉痛も…3日で改善」

  4. ワクチン接種をスマホで証明 年内決定へ首相指示

  5. コロナ禍で広がるオンラインツアーの魅力

  6. コロナ陽性、2週間の隔離病棟生活…とあるライフラ社員の闘病記㊦

  7. ファイザー、モデルナ、アストラ…承認ワクチン3製品 特徴と副反応は

  8. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】ファイザーとモデルナの差は?

  9. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】副反応の不安より大きい感染の不安…両方をてんびんにかけると、接種…

logo logo

連載

PAGE TOP