ワクチン接種者限定ツアー 旅行業界の救世主になるか

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が確認されたものの、国内のコロナ感染者数は減少し、大打撃を受けた旅行業界にも需要回復の兆しが見え始めている。その中で、ワクチン接種者限定のツアー商品や割引サービスが相次いで登場している。国も接種証明書や陰性証明書を活用して行動制限を緩和する実証実験をスタート。政府が再開を検討する観光支援事業「Go To トラベル」への期待も高まる。一方、業界からは未接種者の排除につながることを懸念する声も上がる。感染対策と需要喚起の両立の模索が続いている。

まずは様子見

 11月上旬の平日、大阪市北区のJR大阪駅構内にある日本旅行「TiS大阪支店」前には開店前から10人を超える客が並んでいた。「このツアーは参加者が多いですか」「おすすめの旅行先はありますか」。開店するとカウンターはあっという間にいっぱいになり、旅行の相談が始まった。

 同社によると、11月実施の旅行商品の売れ行きは、10月以降に予約がぐんと伸び、緊急事態宣言解除前の9月の予約状況に比べて約4倍となった。ただ、人気はマイカーやレンタカーなどを利用して近場を観光する商品に集中し、担当者は「まだ、様子見をされているお客さまも多い、という印象を受ける」と話す。

 JTBでも9月と比べて売れ行きは2倍になっているものの、「(Go To トラベルが実施された)昨年やコロナ前と比べるとまだまだ少ない」(担当者)と明かす。同社が10月に実施したアンケートで、「ワクチン接種が完了次第、積極的に会食や外出、旅行をしたい」と答えた人は6・2%にとどまった。

 そうした中、政府はワクチン接種や陰性が証明された人の行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」の実証実験を飲食店やイベント会場で開始。観光庁も旅行会社11社のツアー40本を対象にして、県境を越えた移動制限を緩和するための実験を始めた。「Go To」再開に向け、成果が注目されている。

旅に「安心」求めて

 実証実験にも参加する日本旅行の担当者によると、昨年から、旅行プランを選ぶ際に「安心」や「安全」を条件にする人が増えたといい、「旅行者を増やすには『接種者限定』のような安全対策をとったプランを用意しないといけない」とその必要性を説く。

 旅行業界の業績不振は深刻だ。令和3年3月期連結決算の最終赤字はJTBが1051億円、近畿日本ツーリストを傘下に持つKNT―CTホールディングスが284億円だった。エイチ・アイ・エス(HIS)も3年10月期連結決算で530億円赤字の見通しと、いずれも赤字幅は過去最大だった。

 また、帝国データバンクの調査によると、3年1~8月までの旅行会社の倒産や廃業は累計136件に達した。2年通年の129件をすでに超え、過去最多を更新している。「Go To」再開やワクチン接種証明などを活用した需要喚起は業界全体の課題だ。

 実証実験とは別に、独自の接種者限定プランを用意するケースも出てきた。日本旅行とJR西日本は新幹線の車両を接種者で貸し切る大阪から博多への旅行プランを発売。ツアー当日は接種証明の提示のほかに健康チェックシートへの記入やマスク着用の協力も求め、感染予防を徹底する。

 ANAトラベラーズは航空券と宿泊の費用から最大5万円が割り引かれるクーポンを用意。JR東日本では接種者専用の新幹線を年明けから運行し、旅行会社向けに座席を販売することを予定している。このほか宿泊施設で使えるクーポン券を配布するサービスなど、各社が多様なプランをそろえる。

過度な優遇に警鐘

 一方、接種者だけを優遇することを懸念する声も上がる。事情があってワクチンを接種できない人もいることを考慮しているといい、ある旅行会社の担当者は「社内では、接種者限定商品の発売に反対する意見もあった」と声を潜める。

 ただ、別の旅行会社の担当者は「『Go To』が接種者を対象にする仕組みになる可能性もある」とし、「その場合に備えて、今のうちから接種証明書の確認方法などノウハウを積み上げていかないと、いきなりは対応できない」とする。

 接種者限定のツアーなどが相次いで発売されていることを受けて、立命館大の遠藤英樹教授(観光社会学)は「ワクチン接種者の過度な優遇は反発を招く可能性がある」と指摘する。ワクチン接種履歴を示す「ワクチンパスポート(証明書)」の提示を義務化したフランスなどで抗議デモが起きたことを例に「納得感が共有されないまま推し進められれば軋轢(あつれき)が生じる。政府主導で国民に説明する段階を踏むべきだ」と強調する。

 こういった動きの中で、兵庫県は接種済みであることなどを利用条件に10月に始めていた県民向けの旅行支援制度について、11月12日の宿泊分から未接種者であっても制度を利用できるように条件緩和した。

 また、未接種者も安心して参加できる民間のツアーも出てきた。ジャパンリムジンサービス(東京都豊島区)などは、貸し切りリムジンのドライバーと案内役をワクチン接種者などに限定したツアーを販売。公共交通機関での移動に不安がある人を取り込みたい考えだ。

 本格的な冬の訪れを控え、第6波の到来も警戒される中、需要喚起と感染対策とをどう両立させていくのか。旅行業界は依然、厳しい状況に置かれている。

関連記事

  1. 【地方移住ナビ】愛媛県南予地方 風情と郷愁 豊かな自然

  2. 【マンション業界の秘密】偽装免震ゴムを使ったタワマン解体の怪

  3. 【マンション業界の秘密】物件は供給過多、建築基準法は時代遅れ

  4. 【地方移住ナビ】鳥取県湯梨浜町 生涯活躍 いきいき暮らす

  5. 「今年の食」飲料初選出、健康志向メニューも 続くコロナの影響

  6. 【スマートライフ×リアルライフ】スマホバッテリーが劣化する「充電しっぱなし」をやめよう!!

  7. 【家電の世界】髪のケアこだわる男性にも人気上昇! パナソニックのヘアドライヤー「ナノケア」

  8. 【覆面トレーダーK 億り人への道】「オワコン」とは言わないけれど…僕が日本株をやらない理由

  9. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】⑤ご先祖さまの墓、仏壇

logo logo

連載

PAGE TOP