SNSに潜む“意識高い”投稿の落とし穴とは?

「結構ガチです」「厳しいことを言うけど」

 「結構ガチです」「ここだけの話」「厳しいことを言うけど」…。ツイッターでは、こうした定型句で有益そうな情報の断片を書き込むアカウントが多い。巨大IT企業の肩書を名乗ったり、大きく稼いで早期リタイアする「FIRE」を達成したという触れ込みのアカウントもあるが、真に受けると“落とし穴”にはまることもあるようだ。

 こうした投稿は、自己啓発や仕事術、副業や暗号資産(仮想通貨)の運用などのノウハウを紹介したものが多い。グーグルやアマゾンなど「GAFA」勤務や、「FIRE」を自称するアカウントもある。

 ツイッターでは情報の一部を紹介し、肝心な部分は「プロフィルに書いてあります」とぼかして別サイトに誘導するという流れだが、似た構成の投稿があまりにも多いため、不審な目を向けられるようになった。

型にはまった“助言”こそ疑う必要あり

 こうした投稿の正体についてITジャーナリストの三上洋氏は「ほとんどは情報商材を売りつけることが目的で、別サイトで販売する有料記事を買うよう促してくる。意識の高いアカウントからの返信が集まることで信頼を高めているが、それも自作自演的に用意したものであるのが実態だ」と解説する。

 「厳しいことを言うけど」から始まる“説教型”もある。特定の情報について「知らない人が多すぎる」「思考停止して〇〇ばかりしていてはダメ」などと指摘する内容で、三上氏は「ゲームや音楽などのジャンルについて語る際の定型ネタとしても使われているが、情報商材を売る目的のものもある」という。

 より露骨なのが、アカウントのフォローやリツイート(拡散)を条件に、抽選でプリペイドカードや現金をプレゼントするというものだ。

 ZOZO創業者の前澤友作氏は実際にフォロワーにお金を配ったことで話題になったが、そんな富豪はそうそういない。

 「当選の通知を送る際に特定のサービスに登録を促したり手数料を求められるなど詐欺的なアカウントも多い。フォロワー数を増やした上でアカウントを販売するのが狙いとみられ、アカウントの買い手もまた、情報商材の販売などに悪用する目的が多いようだ」と三上氏は解説する。

 ツイッターの規約ではアカウントの売買は禁止されているが、フォロワー約6000人のアカウントが約2万円、3000人前後のフォロワーを持つアカウントが約1万5000円で取引されているサイトもあった。

 型にはまった助言こそ疑ってかかる必要がありそうだ。

関連記事

  1. 【マンション業界の秘密】今世紀末にもタワマンに“寿命”!?

  2. 【いきもの語り】「家族同然」ペットの祈禱 市谷亀岡八幡宮

  3. 【家電の世界】脳の映像認識に基づいた圧倒的没入感 ソニー薄型テレビ「ブラビアXR」

  4. 【家電の世界】レールに取り付けるだけでカーテンの自動開閉が可能に

  5. 政府・与党、18歳以下に「現金10万円」浮上 全国民にマイナポイント案も

  6. 【坂口孝則の目からウロコの経済学】小売店はVRで次の「夢」を見るのか

  7. 【地方移住ナビ】広島県竹原市 自然とコンパクトな街魅力

  8. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】シニアと防災②

  9. 【こんな時代のヒット力】Z世代のハートをつかんだ柔軟剤「絶対無臭」

logo logo

連載

PAGE TOP