【スマートライフ×リアルライフ】スマホのカタチどこに向かう!? 大型化と小型軽量化の波が同時到来

Galaxy Z Fold3 5Gを開くと広大な画面が出現する

二つ折り大画面機種も登場

 スマートフォンといえば四角く平らな板というイメージがある。平板がいいのは壊れにくいことだ。コストも低くてすむ。

 一方、ガラケーはものすごく複雑な構造をしている。折りたたみのヒンジ部分、文字や数値を入力するための物理的なボタン類など、壊れやすいものばかりで、パーツのコストはとても高い。それでも頑丈に作っていたものづくりの技術には脱帽するしかない。

 今のスマホは前面が強化ガラスで覆われ、ボタンといえば電源とボリュームの上下くらいだ。あとは充電に使う端子くらいで、イヤホンのプラグを差し込む穴さえない機種も珍しくない。

 そんなスマホの形状に、ちょっとした変化が起こっている。まだ高級スマホの部類ではあるが、二つ折りできるスマホが出てきているのだ。

 「Galaxy Z Fold3」は、閉じた状態では6・2インチ画面の一般的サイズのスマホだが、開くと倍近い大きさのもうひとつの画面が出現する。

 そのサイズは7・6インチで、タブレットというには小さいがスマホとしては極端に大きい画面だ。その大画面を3分割して、まるでパソコンのようにアプリを使える。

 価格は25万円ほどなので気軽に手は出せないが、ポケットに普通に入ってしまうサイズ感の機器を、まるでパソコンのような大画面で使えるのは、かなり魅力的だ。

 スマートデバイスは画面が大きいほうが作業がしやすい。だが、その画面を常時携帯して負担にならないかどうかも大事なポイントだ。男性はパンツのポケットに入るか、女性は小ぶりのハンドバッグに入るかどうかを気にするはずだ。しかも、最近のスマホは200グラムを超えるものが多くなっている。Galaxy Z Fold3も272グラムある。

 一方で、スマホ軽量化の波もきている。たとえば先日発売されたiPhone13 miniは5・4インチ画面だが140グラムしかない。昨年の同12 miniとは同じ画面サイズで7グラム重くなっただけだ。

 6インチ超が当たり前になりつつあるスマホの世界で5・4インチは小さく感じるかもしれないが、この重量は魅力だし、iPhone8あたりをまだ使っている人なら、それよりも画面サイズは大きいのだから不便を感じることはないかもしれない。

 ハイテク製品が、進化につれて大きく重くなるのは珍しいことだ。たいていは軽薄短小化が進化の証しとして実現されている。かつては2キロ近かったノートパソコンも、いまや1キロ未満は当たり前。富士通クライアントコンピューティングの「LIFEBOOK UH-X」は、たった634グラムだ。

 日常の暮らしには欠かせないスマホだが、これからどの方向に進化していくのか。いっそう重く大きくなるのか、それとも軽薄短小の波がくるのだろうか。(山田祥平)

関連記事

  1. 【地方移住ナビ】高松市 都市機能と豊かな自然調和

  2. たばこ、小麦、マーガリン 10月から値上げ続々

  3. 【スマートライフ×リアルライフ】在宅ワークの誘惑をシャットアウト! 集中ブース「アットパット」

  4. 【地方移住ナビ】栃木県那須塩原市 新幹線通勤も選択肢に

  5. 【覆面トレーダーK 億り人への道】日本人は3人?ハルキは?今週はノーベル賞で動く

  6. 【家電の世界】在宅で髪にもキテるストレス解消 パナソニック「頭皮エステ」

  7. ペット連れ「同行避難」、認知度は15% 飼い主アンケート

  8. 【地方移住ナビ】長崎県 Uターン 8割超が40代以下

  9. 【家電の世界】家族だんらん未来形!Amazonのスマートディスプレー「Echo Show10」

logo logo

連載

PAGE TOP