コロナで「七菌八起」 最優秀創作四字熟語

漢字4文字で今年を振り返る「創作四字熟語」の作品。高校生が書道パフォーマンスで巨大な紙に書き上げた=21日午後、大阪市

 住友生命保険は、漢字4文字で今年を振り返る「創作四字熟語」の優秀・入選作品計50点を選んだと発表した。最優秀作品には増加と減少を繰り返す新型コロナウイルス感染者数を表現した「七菌八起(ななころなやおき)」(七転八起)が選ばれた。

 歌人の俵万智さんが応募作品約2万4千点を審査、優秀作品には東京五輪の卓球混合ダブルスでの水谷隼(みずたに・じゅん)選手と伊藤美誠(いとう・みま)選手の金メダル獲得をたたえた「二者卓逸(にしゃたくいつ)」(二者択一)や、横綱白鵬の現役引退を表した「引退鵬道(いんたいほうどう)」(引退報道)などがが入った。

関連記事

  1. 【いきもの語り】「終焉の姿伝えたい」ハキリアリの群れ崩壊展示

  2. 【地方移住ナビ】岡山県 自然豊富 多様な暮らし実現

  3. 【家電の世界】5月中にエアコン試運転を 在宅勤務で稼働増え“不具合”多発も

  4. 【地方移住ナビ】山梨県道志村 毎月新しい仲間と出会える

  5. 【マンション業界の秘密】売却成功のコツは「立地を考慮した仲介業者選び」

  6. 【マンション業界の秘密】東京で活発化する外国人の不動産買いの背景

  7. 【マンション業界の秘密】大手施工の欠陥住宅が相次ぎ発覚…大規模な修繕避けられず 購入者の肉体的、精神…

  8. 【覆面トレーダーK 億り人への道】「オワコン」とは言わないけれど…僕が日本株をやらない理由

  9. 【マンション業界の秘密】「利回り1%」中国“不動産バブル崩壊”間近

logo logo

連載

PAGE TOP