【覆面トレーダーK 億り人への道】何もしない、考えない。“無気力投資”でリターン7%超!

年金不信、低所得、人生100年…。このままじゃヤバい!コロナをキッカケに生活防衛を本気で考え始めた40代サラリーマンが、投資に挑む。目指せ、ハッピーリタイア!

 投資の基本は、認知した情報を判断し、買うか、売るか、待つか、を判断すること。

 それはそうなのだが、人間、何にもしたくない時だってある。いや、そんなときの方が多いかもしれない。

 いいじゃないか、人間だもの…。己の怠惰をよく知る僕が今年5月から試しているのが、「ロボアドバイザー」だ。いわゆる自動運用システムで、お金を預けると自動でポートフォリオを作成し、リスク回避のための調整売買もやってくれる。

 テレビCMで有名な「WealthNavi(ウェルスナビ)」、NTTドコモと提携している「THEO」など、何社か試してはいるのだが、今回はウェルスナビを紹介したい。

6カ月で+7.18%、上々の成績

 これが5月以降のパフォーマンスだ。

 6カ月間で+7.18%なら、良い方だと思う。最初に40万円ほど入れ、あとは毎月3~4万円の自動積み立て。リスクをどれだけ取るかの許容度を5段階から選ぶと(僕は3)、あとは勝手に運用してくれる。運用手数料は預けた資産の年率1.1%(税込)だ。

 ポートフォリオは以下の通り。

◆アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、テスラなど米国の主力株で構成されるETF「VTI(Vanguard Total Stock Market Index Fund)」

◆ネスレ、ASLM、サムスン電子、ロシュ、トヨタ自動車、アストラゼネカなど欧州・アジア株の「VEA(Vanguard Developed Markets Index Fund)

◆台湾セミコン、テンセント、アリババなど中国株中心の「VWO(Vanguard Emerging Markets Stock Index Fund)」

◆米国債券に分散投資する「AGG(iShares Core US Aggregate Bond)」

◆金に投資する「GLD(SPDR GOLD SHARE)」

◆米国不動産に分散投資する「IYR(iShares US Real Estate ETF)」

◆現金

運用はドル建て、円高に注意を

 ウェルスナビは米国上場のETFが投資対象だから、運用はドル建てで行われている。ドル建てのパフォーマンスがこれだ。

 ドル建てパフォーマンスは+3.78%にとどまるが、これは為替の影響だ。

 ETF投資で1ドルの利益が出たとしても、1ドル=100円の時と110円の時では、円換算後の利益は当然異なる。円安になるほど利益はかさ上げされ、円高になれば目減りする。円高に振れた場合のヘッジとしては、FXでドル売り・円買いポジションを持っておくとか、工夫の仕方は色々とある。

時間は「コスト」、ならば節約

 今後、アメリカの中央銀行にあたるFRBは現在の金融緩和政策を引き締める段階に入る。

 とすると、米国株中心のVTI、米国債券のAGGは一旦下押しされるか。また、バブル退治のため利上げが始まれば、不動産のIYR、金のGLDも下方向だろう。ただ、米国の金利上昇はドル高・円安につながるから、日本円換算後の利益にとっては有利だ。

 …と、いろいろ考えないことはないが、そのあたりのポートフォリオ調整も勝手にやってくれるのだから、僕としては全体の運用パフォーマンスだけをみて、大きく落ち込んだ時(=ETF価格が下落した時)に資金を多めに入れるだけだ。

 企業業績を調べたり、チャートを解析したりという、投資のための「努力」は否定しない。ただ、情報解析にかけた「時間」に対して給与が発生するアナリストやファンドマネージャーと違い、我々に給与は発生しない。つまり、個人投資家にとって、時間はコストなのだ。「利益額÷時間=投資効率」なのだから、分母は当然小さい方がいい。ロボアドバイザー、いいじゃないか。


■覆面トレーダーK 都内在住の40代の男。アーリーリタイヤを目指し、会社勤めの傍ら、結構ガチで兼業トレーディングにいそしむ。主戦場は、短期投機でFX、株価指数先物・オプション、暗号資産。長期保有では米国株。趣味は酒。

関連記事

  1. 【奥村奈津美のミライ防災+】2021年は「福祉防災元年」高齢者や障がい者どう守る?

  2. 目立ってナンボ 大阪・道頓堀のコテコテ看板を生み出す立体技術

  3. 【家電の世界】早ぞり・深ぞり・肌へのやさしさ「6枚刃システム」パナソニック・シェーバー

  4. 【坂口孝則の目からウロコの経済学】ドン・キホーテの次なる挑戦

  5. 【覆面トレーダーK 億り人への道】「オワコン」とは言わないけれど…僕が日本株をやらない理由

  6. 便利だけど…電動アシスト自転車、10年で事故倍増

  7. 【奥村奈津美のミライ防災+】地球温暖化でスーパー台風が日本上陸!?災害で後悔しない家「防災住宅」とは…

  8. 【地方移住ナビ】愛媛県南予地方 風情と郷愁 豊かな自然

  9. 【家電の世界】最新技術がプロの微妙な火加減を再現 シャープ・ヘルシオ

logo logo

連載

PAGE TOP