【節約家計簿】振込手数料、相次ぐ値下げ

 今月1日から、振込手数料を改定した銀行があります。たとえば三菱UFJ銀行では、インターネットバンキングを利用した他行宛ての振込手数料(個人間)について、3万円未満は現行1回220円から154円に、3万円以上で330円から220円に引き下げました。みずほ銀行では、みずほダイレクトを利用した他行宛ての振込手数料が、3万円未満で現行1回220円から150円に、3万円以上が440円から320円に引き下げられました。

 この2行の手数料をみるだけでも、利用する銀行によって、手数料に差があることが分かりますが、さらには預金額や住宅ローン、公共料金の引き落とし実績などでも、手数料額に差が出るケースがあります。利用実績によって、他行宛ての振込手数料が月に一定回数まで無料になる銀行もあり、個人の利用実績によって、支払う手数料額は異なるわけです。

 特にネット系の銀行では、前月の利用実績によって、翌月のATM利用料や他行宛ての振込手数料が無料になる回数が決まるケースも多くなっています。預金を特定の銀行にまとめることで、無料で振り込める回数を増やせるわけです。

 月末に銀行に行くと、ATMを長い時間使用している人を見かけます。スマートフォンで簡単に振り込みができる時代ですから、特定の金融機関に預金をまとめて利用実績を増やし、手数料を抑えられれば、ATMに行く必要はないのにな、と思いながら眺めています。

 また最近では、LINEなどの通信アプリやPayPayなどのコード決済、フェイスブック(送金する際はフェイスブック送金ができる銀行の口座が必要)を利用している人同士の送金など、銀行を通さずに個人間送金する人も増えています。

 決済手段が複雑化していますので、できるだけ手数料が少なくて済む送金方法をつかんでおきたいところです。そのためには、現在利用している送金方法とそれにかかる手数料を調べて、手数料を引き下げられる方法はないかを調べてみるのがおすすめです。(ファイナンシャルプランナー 畠中雅子)

関連記事

  1. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】⑤顔バレせずにささやかに目立ちたい

  2. 【奥村奈津美のミライ防災+特別編】緊急リポート「熱海土石流から1週間の現場に入って」

  3. 【地方移住ナビ】熊本県御船町 便利な生活に大自然も満喫

  4. 【マンション業界の秘密】不動産バブル崩壊か…中国と日本の共通点と相違点

  5. 【マンション業界の秘密】韓国不動産爆騰に市民の不満が炸裂 文政権、市長選で大敗

  6. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】③意識高い系コンプレックス

  7. 【地方移住ナビ】高知県 季節を感じ豊かな生活満喫

  8. 【奥村奈津美のミライ防災+】2021年は「福祉防災元年」高齢者や障がい者どう守る?

  9. 【地方移住ナビ】福岡県 「理想の暮らし」を見つける

logo logo

連載

PAGE TOP