【コロナ禍の入院・介護・看取り】すい臓がんの夫を見送る㊦

世界中に猛威をふるい続ける新型コロナウイルスは、終活の世界にも大きな影響を与えています。感染防止を理由に、入院した家族に面会できず、最期のお別れも容易ではない現状です。一方、コロナ禍で家族の絆の大切さを改めて感じている人も増えています。お別れの現状と今後を紹介します。

「手かせ足かせ」会えずLINEで会話

毎春に訪れていた桜の名所。夫婦でお花見を楽しむ=2020年4月、千葉県茂原市(相馬緑さん提供)

「きょうは面会できません」

 利昭さんの病状は徐々に悪化していった。6月に腸閉そく、7月末には胆のう炎で入院した。入院生活は闘病だけでなく、「家族に会えない」という意味でもつらいものだった。

 このころ、各地の病院では院内感染の防止対策が本格的に行われていた。集団感染(クラスター)による医療崩壊だけは、絶対に避けなければならないからだ。

 利昭さんの病院でも、「密」を避けるために、入院患者と家族の面会日が、病棟ごとに振り分けられていた。しかも、登録した「1家族1人」が短時間に、という条件つきだった。

 「家族は指定日に訪ねます。でも、看護師さんに『病棟が変更になり、今日は会えません』と断られたこともありました」

 院内で決まっていた面会スペースも、ときには「会うこと」を妨げた。緑さんがせっかく指定日に病院に行っても、たまたま利昭さんの体調が芳しくないと、「歩くのが大変なので、ここまでは来られません」と言われ、面会できないこともしばしばだった、という。

 緑さんは病院の片隅から、利昭さんと無料通話アプリ「LINE」を使って話し、持参した着替えや差し入れは、看護師に預けて帰宅するしかなかった。

 感染防止のためだから仕方ない、と理解しながらも、緑さんは「家から1時間もかけて来たのに、なぜ会わせてくれないの! 主人の体調が急変したらどうするつもり!」と叫びたい気持ちだった。「いら立ちや心配ばかりが、つのっていきました」。緑さんは当時の心情を振り返る。

地獄の沙汰も…「個室なら融通できます」

 経済的な問題もあった。病院側からは「個室に入るなら、若干の面会は融通できますよ」と言われた。感染リスクの低い個室なら、家族の気持ちに少しでも応じられる、という配慮だった。

 だが、抗がん剤などの医療費は高額で、差額ベッドの負担を長く続けるのは難しかったという。緑さんは「思わず『地獄の沙汰も金次第』という言葉が浮かんでしまいました」と話す。

 しかし、病状が好転することはなく、8月21日には一時、危篤状態に陥った。なんとか乗り越え、一命を取りとめたものの、予断を許さない状況が続いた。

 この日から、個室に移った利昭さんの付き添いは、緑さんと横浜から通うのが大変なすみれさんにだけ認められた。すみれさんは、病院内からリモート会議に参加するなど仕事をこなし、緑さんと交代しながら付き添いを続けた。緑さんは「新型コロナ禍によって、娘も私も主人の付き添いに集中できたのは皮肉な話ですね」と話す。

息絶え絶え 2カ月ぶりに対面できた夫

祭壇の遺影を手に、夫・利昭さんの思い出を語る相馬緑さん

奇跡的に病状が改善 親子がそろう「5分間」

 純さんも仕事の合間を縫って訪れた。その折に、個室での5分間に限って面会ができた。親子4人が顔をそろえる貴重な「5分間」だった。

 医師に「数日がヤマ」と言われていた利昭さんの病状は、奇跡的に改善して落ち着いてきた。

 「明るく振る舞ってくれたことが救いでした」(緑さん)。ある日、数カ月ぶりに入浴を済ませた利昭さんは「垢がたくさん出てさ、看護師さんから『もうアカン』って言われちゃったよ」などと冗談を飛ばし、周囲の笑いを誘っていたという。

 緑さんは「主人にとっては、オヤジギャグは元気のバロメーター。彼が冗談を言うと、おかしいというより、うれしかったです」と振り返る。

 だが、利昭さんは9月17日のお昼前に、緑さんとすみれさんに見守られ、帰らぬ人となった。勤務中だった純さんは、危篤の知らせを聞き、駆けつけたが間に合わなかった。

 緑さんは葬儀の会葬御礼に、亡くなるまでの利昭さんの様子や自身の心情を、ていねいに記している。8月21日、最初の危篤となったときのことは、こう書かれている。

会葬御礼のあいさつ文

 「2カ月近くも会えないまま、やっと会えたと思ったら、41度4分という信じがたい熱に息も絶え絶えの苦しそうな主人と対面し、このまま何も話もできないまま、亡くなってしまうのは悲しすぎると思いました」

 がんとともに、コロナ禍とも闘った最後だった。

※前回の記事はこちら⇒【コロナ禍の入院・介護・看取り】すい臓がんの夫を見送る㊤

『終活読本ソナエ』2021年春号より

関連記事

  1. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】関西でも接種者対象のお得なサービス 神戸では「フカヒレ」付き宿泊…

  2. 【覆面トレーダーK 億り人への道】選挙は株高 勝率9割

  3. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】国産ワクチン早期投入の可能性はある? 

  4. 【家電の世界】在宅で髪にもキテるストレス解消 パナソニック「頭皮エステ」

  5. 【マンション業界の秘密】猛烈に増え続けたワンルームマンション、購入者に待つ不都合な未来

  6. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】EU内移動、中露製の接種証明が通用しない国も

  7. 【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】ワクチン接種、心筋炎などの副反応報告も…“打つ利益”が上回る

  8. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】シニアと防災③

  9. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】➀いいね!社交界

logo logo

連載

PAGE TOP