【家電の世界】レールに取り付けるだけでカーテンの自動開閉が可能に

ユニットを取り付けることで普通のカーテンもスマート化する

プラススタイル「スマートカーテン」

 ソフトバンクグループのプラススタイルが、10月7日から発売するスマートカーテンは、カーテンレールにユニットを取り付けるだけで、カーテンを自動開閉してくれるスマートデバイスだ。同社直販サイトの+Styleでの販売価格は、カーテンユニットとWi-Fi接続ユニットを組み合わせたスマートカーテンが1万3800円、カーテンユニット単体が1万800円(いずれも税込み)。10月6日までに直販サイトで予約すると、それぞれ1000円引きで購入できる。

 カーテンユニットは、1台ずつ追加購入できるため、両開きカーテンにそれぞれ取り付けることができるほか、複数の窓のカーテンに取り付けて同時に管理したり、操作したりできる。

 カーテン本体のランナー間に引っ掛けたカーテンユニットがカーテンレールに圧着し、モーターが動作することでカーテンを開閉。掃き出し窓に設置するような丈2・3メートルの一般的な厚手の遮光カーテンでもスムーズに動作するパワフルなモーターを搭載しながらも、静音性は50デシベル未満に抑制。寝室でも利用しやすい。バッテリーは単3アルカリ乾電池を3本使用して、最長8カ月間稼働。電池交換のタイミングはスマホに通知する。

スマホで操作、工事要らず

 カーテンユニットとWi-Fi接続ユニットをブルートゥースで接続。スマホから操作して開閉するほか、あらかじめ設定しておけば、タイマーなどでの開閉も可能だ。アプリに表示されるカーテンの絵を見ながら、開けたいところまでスワイプすれば、その領域だけ開けることもできる。

 同社は「スマホ操作は、開く、閉まる、停止を専用リモコンのような感覚でコントロールできる。半分だけ開けたいといった場合も直感的な操作で簡単に行える。工事いらずで、さまざまな形状のカーテンレールに対応できる」としている。

 外出先からスマホを使って開け閉め可能で、防犯対策や、昼間の遮光用途などに利用したり、タイマーやスケジュール設定を使って、季節によって変化する日の出や日の入りの時間に合わせて開閉することもできる。グーグルやアマゾンのスマートスピーカーによる操作にも対応しており、手が離せない状況でも、音声コントロールでカーテンの自動開閉が可能だ。

 オート開閉機能では、カーテンを動かしたい方向へ軽く引くだけで、そのままカーテンを自動に動かす。同社が特許を取得して実現した機能だという。

 「ユーザーからスマート化してほしい商品としてカーテンが上位だった。今後は電気が通っていないものでも、スマート化していきたい。カーテンはその第1弾になる」と同社は見通しを示す。同社の既存商品と連動させることで、朝になるとカーテンを開けて、テレビをつけ、豆からの淹れたてコーヒーを作るといった一連の動作が自動で行える。

 「目覚まし時計のアラームで起きるのではなく、太陽光による自然な目覚めをアシストし、忙しい朝の時間も有効に使える」と同社。

 快適な生活を送ることができるツールになりそうだ。


 ■大河原克行(おおかわら・かつゆき) 30年以上に渡って、IT・家電、エレクトロニクス業界を取材。ウェブ媒体やビジネス誌などで数多くの連載を持つほか、電機業界に関する著書も多数ある。

関連記事

  1. 当確の速さ、視聴率…衆院選「開票特番」も熱い戦い

  2. 【マンション業界の秘密】「利回り1%」中国“不動産バブル崩壊”間近

  3. 【節約家計簿】振込手数料、相次ぐ値下げ

  4. 【スマートライフ×リアルライフ】在宅ワークの誘惑をシャットアウト! 集中ブース「アットパット」

  5. 【奥村奈津美のミライ防災+】サステナブル防災のススメ②車中泊

  6. 【地方移住ナビ】山梨県道志村 毎月新しい仲間と出会える

  7. 【コロナ禍の入院・介護・看取り】すい臓がんの夫を見送る㊦

  8. 【地方移住ナビ】神奈川県箱根町 東京とちょうどいい距離感

  9. 【家電の世界】家族が遠隔操作でパソコンの使い方を助言

logo logo

連載

PAGE TOP