【家電の世界】従来比63%でスペース問題解消、パナソニックのスリム食洗機

パナソニックの食洗機「NP-TSK1」。狭いスペースにも設置が可能だ(提供写真)

設置可能な賃貸住宅数は4倍に

 パナソニックは、卓上型食器洗い乾燥機「スリム食洗機NP-TSK1」を15日から発売した。市場想定価格は7万1000円前後(税込み)。

 共働き世帯の増加や、コロナ禍での新しい生活様式が定着するなかで、食器洗いの悩みが増加しており、家事軽減に活用したい家電として食洗機が上位にあがっているという。

 だがその一方で、購入を検討しながらも、設置スペースの問題であきらめた人が多いことも浮き彫りになっている。パナソニックによると、「食洗機を置ける場所がないといった声や、調理スペースは犠牲にしたくないといった声も多い。約8割の人が設置スペースであきらめているのが実態」という。

 食洗機の世帯普及率は27%。キッチンが狭いことが多い民間賃貸での食洗機の普及率はわずか6%に留まる。

 新製品では、業界最薄となる奥行き29センチのスリム設計と、蛇口に当たりにくいリフトアップオープンドアを新たに採用。従来モデルでは、食洗機のドア開放時に、本体背面から蛇口までの間に58・4センチのスペースが必要だったが、新製品ではドアが蛇口に当たりにくい新機構のため、36・7センチで済み、従来比63%のスペースで設置できる。

 これにより、シンク横に食洗機が設置できる首都圏の賃貸住宅数は約4倍に高まるという。

大容量、節水性も売り物

 庫内かごの工夫によって、約4人分、24点の食器を一度に洗うことができるほか、どんぶりなどの深皿、直径26センチのフライパンや、まな板も収納できる容量を確保。ノズル噴射穴を増設して、高温高圧の「ストリーム除菌洗浄」を進化させており、同社は「手洗いでは熱くて利用できない50度以上の温水と、高さ2メートルまで届く高圧水流が多角的に動き、庫内の食器の隅々まで届けるため、食器1点1点にしっかり水流を当てて洗い、除菌ができる。新搭載のスタイハンガーによって、乳幼児用のソフトスタイ(エプロン)も除菌、洗浄ができる」とする。

 高い節水性も特徴で、使用水量は手洗いに比べて6分の1となる8リットルで済む。「スリム設計でありながらも、多くの食器をしっかり洗浄し、しっかり節水できる」と同社。1日2回使用した場合、年間で約3万1390リットルの節水が可能だという。

 同社では、分岐水栓の取り付けが不要なタンク式食洗機「NP-TSP1」も同時に発売する。タンク式はパナソニックとしては初めての商品だ。分岐水栓非対応の蛇口や、賃貸住宅のため分岐水栓の取り付けが不安で購入をあきらめている人でも、手軽に設置し、使用できる。市場想定価格は8万3000円前後(税込み)。

 同社では「食洗機を通じて家事負担を軽減し、ゆとり時間を創出するとともに、高い節水性により、地球環境保全に貢献し、人と地球を大切にする文化創造を目指す商品」という位置付けだ。一度使ったら手放せない家電の一つが食洗機。食器洗いに悩んでいる人は、設置しやすくなった食洗機を検討してみてはどうだろうか。(ジャーナリスト)


 ■大河原克行(おおかわら・かつゆき) 30年以上に渡って、IT・家電、エレクトロニクス業界を取材。ウェブ媒体やビジネス誌などで数多くの連載を持つほか、電機業界に関する著書も多数ある。

関連記事

  1. 【家電の世界】早ぞり・深ぞり・肌へのやさしさ「6枚刃システム」パナソニック・シェーバー

  2. 【こんな時代のヒット力】コロナ禍で明暗分かれた飲食業界 市場を牽引する「焼肉ライク」

  3. 「2万円」給付に間に合わせたい!マイナンバーカードのお手軽な申請方法

  4. 【家電の世界】新世代液晶テレビは「miniLED搭載」目の前に実物があるような臨場感

  5. 【マンション業界の秘密】都心の局地バブルもいずれは崩壊…引き金は中国発の大型不動産会社倒産か

  6. 【地方移住ナビ】福井県 4回連続幸福度ナンバー1

  7. 【奥村奈津美のミライ防災+】サステナブル防災のススメ④オーガニック

  8. 【データ×未来】(中)個人情報は誰のものなのか

  9. 【地方移住ナビ】広島県竹原市 自然とコンパクトな街魅力

logo logo

連載

PAGE TOP