【家電の世界】無線接続でコードは電源1本、どこでも4K放送を楽しめるテレビ

テレビ台が不要で移動も簡単だ (提供写真)

パナソニックの4Kビエラ「TH-43LF1」

 パナソニックの43V型液晶テレビ「4KビエラTH―43LF1」は、レイアウトフリーという新たな使い方を提案したテレビだ。市場想定価格は24万円前後(税込み)。

 業界初となる4K放送の無線伝送の採用により、モニター部とチューナー部を分離して、4K画質に対応した無線接続を実現。モニター部は、アンテナ接続を不要にし、電源コード1本だけで接続できる。キャスター付きスタンドを利用することで好きな場所に簡単に移動させることが可能となり、壁に寄せたり、部屋の中央に設置したり、リビングからダイニングへと移動させるなど生活シーンに合わせて設置できる。テレビ台が不要になり、部屋を広く使えたり、掃除の際にも移動しやすいといったメリットも強調する。

 「テレビの位置によって家具のレイアウトが制限される」といった不満を解決できるほか、在宅勤務や在宅学習の機会が増えるなかで、テレビを自由に移動させることができることは、ニューノーマル時代の生活様式にも合致していると同社では説明する。

 インテリアになじむように、本体、スタンドともに白色を基調とし、モニターの電源コードもスタンドに収納。360度どこから見ても美しく、スタイリッシュなデザインに仕上げた。付属のマグネット式コンセントは、電源コードを引っかけても簡単に外れるなど、安全性にも配慮している。

移動自在でレイアウトフリーに

 チューナー部には、2テラバイト(TB)のハードディスクを内蔵。新4K衛星放送対応チューナー2基を含む3チューナーを搭載。ネット動画サービスにも対応しており、レイアウトフリーテレビ1台で、どんな場所でも、見たいコンテンツを見たり、録画したりできる。

 スマホアプリの「どこでもディーガ」を利用することで、外出先から録画番組や放送中の番組の視聴、録画予約も行える。スマホに保存している写真を大画面で再生することも可能だ。

 独自の高画質技術「ヘキサクロマドライブ」や、高コントラスト映像に高画質化する「AI HDRリマスター」、あらゆる映像を4K高精細化する「4Kファインリマスターエンジン」を搭載。これらの画質技術をAIが統合的に制御し、放送や映画など100万を超える映像シーンから構成されたデータベースをもとに学習、生成したシーン認識アルゴリズムによって、部分ごとに最適な画質に自動調整する。映画の暗いシーンは細部までコントラスト豊かに描き、晴天のスポーツのシーンは芝生の色まで明るく色鮮やかに表現するという。

 パナソニックが新たに開始した音声プッシュ通知サービスにも対応しているのも大きな特徴だ。同社のIoT対応家電と連携することで、洗濯や調理が終了したことをテレビが通知したり、室温の上昇などの情報を音声でアナウンスする。ごみの日や薬の時間などの情報も登録しておけば音声で知らせてくれる。「テレビが、一人ひとりにあわせた快適なくらしをサポートする」と同社。

 インテリアの自由度を高め、住空間とテレビの新しい関係性を提案する商品だ。(ジャーナリスト)


 ■大河原克行(おおかわら・かつゆき) 30年以上に渡って、IT・家電、エレクトロニクス業界を取材。ウェブ媒体やビジネス誌などで数多くの連載を持つほか、電機業界に関する著書も多数ある。

関連記事

  1. 【地方移住ナビ】佐賀県 理想のライフスタイル実現

  2. 【節約家計簿】10月の給与明細書で健康保険料額の確認を

  3. 【節約家計簿】ポイント投資はアクティブコースで

  4. 【坂口孝則の目からウロコの経済学】買い物天国か、それとも地獄か!?メガトレンド「BNPL」とは?

  5. 自動精算機にもキャッシュレスの波…小銭を持たない人が増加

  6. 携帯プランは結局どこがお得? 大手各社の大幅値下げで競争激化…

  7. 【データ×未来】(下)データが導く新しい「明日」 情報を銀行に預ける選択肢

  8. 【スマートライフ×リアルライフ】ZoomにスマホとPC切替できる新機能 進化著しいオンラインミーティ…

  9. 【地方移住ナビ】青森県今別町 伝統芸能が紡ぐ地域との絆

logo logo

連載

PAGE TOP