背景にフリマアプリ普及、正しい使用方法把握せず…中古家電やガス器具の火災事故多発

バッテリーから発火したパソコン(NITE提供)

 製品評価技術基盤機構(NITE)は、家電やガス器具などの中古品による事故が、2016年から20年までの5年間で321件起き、うち11人が死亡したと明らかにした。フリーマーケットアプリなどインターネットを通じた売買が増える中、製品の不備や正しい使用方法を把握せずに使用するケースがあるとして、注意を呼び掛けている。

 8割は火災事故で、製品別ではパソコンの事故が31件で最多。リコール対象製品の使用による事故も33件あった。

 神奈川県では19年、中古の乳幼児用の椅子を使っていた女児が、腰ベルトに頭を通して窒息し死亡。椅子は譲り受けた時点で取り付け方が誤っており、背もたれからロープ状に飛び出ていたという。

関連記事

  1. 【家電の世界】地上波もネット動画もゲームも革新の高画質 LGの「新時代」有機ELテレビ

  2. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】②過剰忖度世代

  3. 【地方移住ナビ】熊本県御船町 便利な生活に大自然も満喫

  4. 【地方移住ナビ】栃木県那須塩原市 新幹線通勤も選択肢に

  5. 【家電の世界】自然な人肌再現、ブルーライト2割カットで夜間も快適 4K有機ELテレビ「REGZA」

  6. 【地方移住ナビ】神戸市 海も山も近い おしゃれな港町

  7. 【スマートライフ×リアルライフ】モノからコトへ コンテンツ鑑賞は「サブスクリプション」に移行

  8. 【地方移住ナビ】鳥取県湯梨浜町 生涯活躍 いきいき暮らす

  9. 【地方移住ナビ】岡山県 自然豊富 多様な暮らし実現

logo logo

連載

PAGE TOP