ペット連れ「同行避難」、認知度は15% 飼い主アンケート

東日本大震災の発生後、飼い主と車内で避難生活を共にする犬=宮城県内(仙台市提供)

 災害時にペットと避難所まで一緒に逃げる「同行避難」という言葉の意味を理解している飼い主は55・7%に上ったのに対し、それが避難時の原則との認識は15・5%にとどまる-。ペット保険会社「アイペット損害保険」(東京)が2月に実施したアンケートでこうした結果が出た。

 ペットを連れた避難は災害のたびに課題となり、環境省は同行避難を原則とする指針を策定。避難所での受け入れ態勢整備を自治体に促しているが、飼い主側には十分に浸透していない状況が浮かんだ。

 アンケートはインターネットで実施し、犬の飼い主565人、猫の飼い主476人から回答を得た。言葉の定義を示してそれが「同行避難」を指すと答えられた人の割合は昨年のアンケートより3・9ポイント増えたものの、それが避難時の原則とされることの認識は1・8ポイント減少。「最寄りの避難所がペットを連れて避難できるか知らない」と答えた人は81・7%に上った。

 ペットのための防災対策を「している」は21・6%だった。

関連記事

  1. 【奥村奈津美のミライ防災+】2021年は「福祉防災元年」高齢者や障がい者どう守る?

  2. 【地方移住ナビ】岡山県 自然豊富 多様な暮らし実現

  3. 【家電の世界】自然な人肌再現、ブルーライト2割カットで夜間も快適 4K有機ELテレビ「REGZA」

  4. 【馬渕磨理子の新富国論①】投資で考える豊かな未来

  5. 【マンション業界の秘密】曲がり角のタワマン、ブーム終わる!? 超高層住宅に抱く“幻想”

  6. 【地方移住ナビ】広島県竹原市 自然とコンパクトな街魅力

  7. 【馬渕磨理子の新富国論】ワクチン相場の歩き方~これから上がる最強の日本株

  8. 【県民性RANKING2021】みんな大好き・チャーハン 一番食べるのは意外にもあの北国!

  9. 【馬渕磨理子の新富国論②】データビジネスの将来像

人気記事

logo logo

連載

PAGE TOP