ペット連れ「同行避難」、認知度は15% 飼い主アンケート

東日本大震災の発生後、飼い主と車内で避難生活を共にする犬=宮城県内(仙台市提供)

 災害時にペットと避難所まで一緒に逃げる「同行避難」という言葉の意味を理解している飼い主は55・7%に上ったのに対し、それが避難時の原則との認識は15・5%にとどまる-。ペット保険会社「アイペット損害保険」(東京)が2月に実施したアンケートでこうした結果が出た。

 ペットを連れた避難は災害のたびに課題となり、環境省は同行避難を原則とする指針を策定。避難所での受け入れ態勢整備を自治体に促しているが、飼い主側には十分に浸透していない状況が浮かんだ。

 アンケートはインターネットで実施し、犬の飼い主565人、猫の飼い主476人から回答を得た。言葉の定義を示してそれが「同行避難」を指すと答えられた人の割合は昨年のアンケートより3・9ポイント増えたものの、それが避難時の原則とされることの認識は1・8ポイント減少。「最寄りの避難所がペットを連れて避難できるか知らない」と答えた人は81・7%に上った。

 ペットのための防災対策を「している」は21・6%だった。

関連記事

  1. 【奥村奈津美のミライ防災+】サステナブル防災のススメ②車中泊

  2. 【コロナ禍の入院・介護・看取り】すい臓がんの夫を見送る㊤

  3. レジ袋有料化1年 7割超が受け取り辞退

  4. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】シニアと防災②

  5. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】④キャラ多面体

  6. 【奥村奈津美のミライ防災+】ペットを飼っている人必見!ペットと自分の命を守るためにできること

  7. 【家電の世界】最新テクノロジーが「夕方ヒゲ」の悩み解消 「ブラウン シリーズ9Pro」

  8. 【マンション業界の秘密】物件は供給過多、建築基準法は時代遅れ

  9. 【マンション業界の秘密】「利回り1%」中国“不動産バブル崩壊”間近

logo logo

連載

PAGE TOP