ペット連れ「同行避難」、認知度は15% 飼い主アンケート

東日本大震災の発生後、飼い主と車内で避難生活を共にする犬=宮城県内(仙台市提供)

 災害時にペットと避難所まで一緒に逃げる「同行避難」という言葉の意味を理解している飼い主は55・7%に上ったのに対し、それが避難時の原則との認識は15・5%にとどまる-。ペット保険会社「アイペット損害保険」(東京)が2月に実施したアンケートでこうした結果が出た。

 ペットを連れた避難は災害のたびに課題となり、環境省は同行避難を原則とする指針を策定。避難所での受け入れ態勢整備を自治体に促しているが、飼い主側には十分に浸透していない状況が浮かんだ。

 アンケートはインターネットで実施し、犬の飼い主565人、猫の飼い主476人から回答を得た。言葉の定義を示してそれが「同行避難」を指すと答えられた人の割合は昨年のアンケートより3・9ポイント増えたものの、それが避難時の原則とされることの認識は1・8ポイント減少。「最寄りの避難所がペットを連れて避難できるか知らない」と答えた人は81・7%に上った。

 ペットのための防災対策を「している」は21・6%だった。

関連記事

  1. 【地方移住ナビ】栃木県那須塩原市 新幹線通勤も選択肢に

  2. 【マンション業界の秘密】場所によっては2倍以上…東京都心「局地バブル」の理由

  3. 【地方移住ナビ】宮城県登米市 「おかえり」を待っています

  4. 地域つなぐアプリ 回覧板や安否確認に自治会導入

  5. 【マンション業界の秘密】誰にも止められない「用地開発」のジレンマ

  6. 【坂口孝則の目からウロコの経済学】買い物天国か、それとも地獄か!?メガトレンド「BNPL」とは?

  7. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】⑤顔バレせずにささやかに目立ちたい

  8. 【家電の世界】早ぞり・深ぞり・肌へのやさしさ「6枚刃システム」パナソニック・シェーバー

  9. 来季開幕から満員目指す プロ野球とJリーグのコロナ対策会議

logo logo

連載

PAGE TOP