【地方移住ナビ】新潟県 検討段階に合わせて相談対応

 「にいがた暮らし・しごと支援センター」は新潟県への移住のワンストップ相談窓口です。全国どこからでもオンラインで簡単に登録可能。東京都内2箇所のオフィスでは相談員に直接相談することができます。

にいがた暮らし・しごと支援センター相談員の岡山晶子さん(左)と本間知美さん

 新潟県出身の私は、帰省すると家族と温泉につかってゆっくり話をし、お気に入りの寿司屋に行くのが楽しみです。広い空に広がる夕日のグラデーションや波音にも心癒されます。日々の食事のおいしさや当たり前に季節を感じられる新潟県は、なんて贅沢(ぜいたく)なんだろうと確信しています。新潟県の素晴らしさをお伝えします。(有楽町オフィス相談員 本間知美)

 地元の企業で働きたい〝地元愛〟を持っているUターン希望者が多いのも新潟県の特徴です。移住に迷っている方も、私たち相談員がそれぞれの検討段階に合わせて丁寧に対応いたします。地元に帰りたい方、新潟県への移住に興味を持たれた方は、まずは移住への第一歩としてご利用ください。(表参道オフィス相談員 岡山晶子)

新潟市のシンボル・萬代橋と街並み

 2つの新幹線が通るアクセス抜群な新潟県。移住に興味を持ったら「にいがた暮らし」で検索。問い合わせは、にいがた暮らし・しごと支援センター(03・5771・7713)

★前回の記事はこちら⇒【地方移住ナビ】富山県 高低差4千メートルの大パノラマ

関連記事

  1. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】③避難生活

  2. 【データ×未来】(中)個人情報は誰のものなのか

  3. 【坂口孝則の目からウロコの経済学】小売店はVRで次の「夢」を見るのか

  4. 一般サラリーマン向け「郊外の新築販売」が絶不調 残業代激減が影響か

  5. 【地方移住ナビ】山梨県道志村 毎月新しい仲間と出会える

  6. 【家電の世界】地上波もネット動画もゲームも革新の高画質 LGの「新時代」有機ELテレビ

  7. 【地方移住ナビ】徳島県 大自然の中 仕事とレジャー

  8. 【こんな時代のヒット力】コロナ禍で明暗分かれた飲食業界 市場を牽引する「焼肉ライク」

  9. 【マンション業界の秘密】物件は供給過多、建築基準法は時代遅れ

logo logo

連載

PAGE TOP