【地方移住ナビ】栃木県那須塩原市 新幹線通勤も選択肢に

仕事の合間に温泉でまったり

 皆さんが考える移住は、「仕事」も「住む場所」も変えるというイメージでしょうか。「仕事は変えずに住む場所を変える」そんな選択ができるのが那須塩原の魅力です。

 令和2年度は、移住相談件数が大幅に増加しました。選ばれた理由は、東京圏から新幹線で那須塩原駅まで約1時間というアクセスの良さ。新幹線通勤をされている方は「始発が多くて座れるので通勤が快適」とおっしゃいます。

 また、那須塩原駅を降りると美しい山並みが出迎えてくれます。自然に囲まれて暮らせる環境があり、少し足を延ばせば塩原温泉と板室温泉という2つの温泉地もあります。一方で日々の暮らしに必要なものはそろっています。「便利さ」と「癒やし」を兼ね備えた移住がここにあります。

 那須塩原市では、新幹線定期券購入補助金に加え、4月からは移住応援補助金も創設。各補助金には対象要件がありますので、まずは移住促進センターへお問い合わせください。(那須塩原市移住促進センター 須賀奈津美)

 移住に関する相談や補助金についてのお問い合わせは市移住促進センター(0287・73・5742、水曜定休)。オンライン移住相談も実施しています。

関連記事

  1. 【地方移住ナビ】鳥取県湯梨浜町 生涯活躍 いきいき暮らす

  2. 【馬渕磨理子の新富国論②】データビジネスの将来像

  3. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】シニアと防災①

  4. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】③意識高い系コンプレックス

  5. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】➀事前の備え

  6. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】➀いいね!社交界

  7. 【家電の世界】早ぞり・深ぞり・肌へのやさしさ「6枚刃システム」パナソニック・シェーバー

  8. 【馬渕磨理子の新富国論①】投資で考える豊かな未来

  9. 【坂口孝則の目からウロコの経済学】小売店はVRで次の「夢」を見るのか

人気記事

logo logo

連載

PAGE TOP