【地方移住ナビ】愛媛県南予地方 風情と郷愁 豊かな自然

相談窓口を併設した内子杉の香るコワーキングスペース

 愛媛県は、みかんで知られる日本有数の柑橘(かんきつ)王国。温和で人情味にあふれる人たちが暮らしています。昨年度は2460人が県外から移住されました。

 県内で南のエリアを南予地方と呼び、海・川・森に恵まれた子育てできる環境があります。休みの日には産直市で新鮮な魚を買い、裏の畑で家庭菜園。山菜野草は採取して天ぷらに。そんなのどかな日常を私も過ごしています。

宇和海の眺めも南予地方の絶景の一つだ

 電車で松山から約30分で南予の入り口内子町に到着。そこからのんびり海岸線を列車に揺られるのも気持ち良いです。キャンプや釣りでも人気のエリアですし、車でしか行けない絶景に出会うこともできます。

 第一次産業が盛んで、移住を希望される現役世代の方のための就業支援プログラムもあります。テレワークが主流になったため移住を希望される方の問い合わせも増え、私もコワーキングスペース「南予サイン」内の窓口で相談にのっています。ぜひ気軽にお問い合わせください。(南予移住マネージャー 山口聡子)

 南予移住マネージャーによるオンライン相談を実施中。詳しくは「南予サイン」で検索。問い合わせはメール(nanyo.sign@gmail.com)または電話(070・4411・9676)で。

★前回の記事はこちら⇒【地方移住ナビ】高松市 都市機能と豊かな自然調和

関連記事

  1. 【地方移住ナビ】佐賀県 理想のライフスタイル実現

  2. 【坂口孝則の目からウロコの経済学】ダイソーは100円ショップを捨ててしまうのか

  3. 【マンション業界の秘密】ありえる「中国発」日本の不動産バブル崩壊

  4. 【データ×未来㊤】現実を超える仮想空間の「分身」 自分に代わり仕事、未来も予測

  5. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】④感染症と介護

  6. 【マンション業界の秘密】変わる大阪・船場、東京・東日本橋…オフィスビルがマンションに建て替わる理由

  7. 【マンション業界の秘密】10坪前後で駅から10分離れると資産評価ゼロ…「負」動産!?

  8. 【地方移住ナビ】富山県 高低差4千メートルの大パノラマ

  9. ビットコイン「22年暴落説」は本当か

logo logo

連載

PAGE TOP