平井デジタル担当相「情報銀行を支援」 オンラインセミナー開催

オンラインセミナー「データ流通新時代~DX時代を生き抜くデータ利活用」のパネルディスカッション=23日午後、東京・大手町

 産経新聞社は23日、オンラインセミナー「データ流通新時代~DX時代を生き抜くデータ利活用」を開催した。個人情報を個人の意思に基づいて管理する「情報銀行」の利点と将来性が主な議題となった。

 平井卓也デジタル改革担当相がビデオメッセージを寄せ、「情報銀行は日本発だ。政府としても支援する。トラスト(信頼)を重視した日本流のデジタル化を進める」と述べた。

 明治大の野田稔専任教授、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)マーケティングカンパニーの田代誠副社長、マイデータ・インテリジェンスの森田弘昭取締役COO(最高執行責任者)、日本IT団体連盟の井上貴雄理事(情報銀行推進委員会委員長)、大日本印刷の勝島史恵マーケティング本部ソーシャルイノベーション研究所副所長が参加し、個人情報を安全に有効活用する方策について意見を交わした。

 内閣官房IT総合戦略室の田辺光男参事官が基調講演、経済アナリストの馬渕磨理子氏が進行を担当。産経iDで30日までアーカイブ配信している(https://id.sankei.jp/e/2045)。

関連記事

  1. 【マンション業界の秘密】マンション市場、2013年以来の金融緩和で局地的バブル状態

  2. 【マンション業界の秘密】10年目に突入する異次元金融緩和 新築価格はやはり下がらない…

  3. 【地方移住ナビ】高知県 季節を感じ豊かな生活満喫

  4. 【地方移住ナビ】島根県 ご縁がつなぐ新たな暮らし

  5. 【馬渕磨理子の新富国論②】データビジネスの将来像

  6. 【活写2021】保護犬カフェ ともにいれば幸せ

  7. 【地方移住ナビ】愛媛県南予地方 風情と郷愁 豊かな自然

  8. 【家電の世界】家庭でも業務用レベルの高い洗浄力 コロナ禍で高まったニーズにUV使った3つの機能

  9. 当確の速さ、視聴率…衆院選「開票特番」も熱い戦い

logo logo

連載

PAGE TOP