大型連休は「巣ごもり連休」に 主役はテレビと動画

 ビデオリサーチは「今年の大型連休に楽しみたいと思っていること」についてのアンケート結果を発表した。それによると、今年の大型連休で楽しみたいこと(複数回答)の第1位は「テレビ番組(リアルタイム)」(41%)となった。2位は「録画したテレビ番組の視聴」、3位も「インターネットで動画視聴」などとなっており、コロナ禍の中での「巣ごもり連休」の色合いが濃くなっている。

 このほか、逆に巣ごもりではない、外出・リアルを伴うものでは、「店舗での買い物」(5位)、「ジョギング・ウォーキングなど体力づくり」(7位)、「日帰り旅行や近郊への外出」(8位)ーなどが続いた。

 テレビ(リアルタイム)と答えた人の割合を地域別に見たところ、緊急事態宣言が発出されている「東京50キロ圏」が41%、関西が44%となった。これを上回ったのは福岡 (47%)で、ほぼ2人に1人は「テレビ」を中心にした過ごし方を予定していることが分かった。

 調査は、4月2~18日に7大都市の男女12~69歳を対象にインターネット(専用タブレット)で行い、7777人から回答を得た。

関連記事

  1. 【地方移住ナビ】高松市 都市機能と豊かな自然調和

  2. 【平賀充記の若者解体新書~キーワードで読み解くZ世代のトリセツ】➀いいね!社交界

  3. 【自分と先祖様の防災サバイバル術】特別編~ペットも家族

  4. 【地方移住ナビ】高知県 季節を感じ豊かな生活満喫

  5. 【こんな時代のヒット力】豆乳ではなく素材を丸ごと、なめらか食感で フジッコ「大豆で作ったヨーグルト」…

  6. 【県民性RANKING2021】みんな大好き・チャーハン 一番食べるのは意外にもあの北国!

  7. 【家電の世界】移動先での空気質を高める シャープのプラズマクラスターイオン発生機「IG-NM1S」

  8. 【奥村奈津美のミライ防災+】サステナブル防災のススメ②車中泊

  9. 【奥村奈津美のミライ防災+特別編】緊急リポート「熱海土石流から1週間の現場に入って」

logo logo

連載

PAGE TOP