【中高年のための認知症講座】脳の神経細胞の老化防止には「対人ゲーム」

 認知症に至る脳の老化は、次の順番でやってくる。

 (1)身体全体の老化

 (2)脳の血管の老化

 (3)脳の神経細胞の老化

 (4)メンタルの老化

 前回は(1)の予防として、生活習慣病の治療を最優先してほしいと説明した。糖尿病や高血圧、脂質異常症などは、身体全体の血管にダメージを与え、脳を含めた各臓器の老化を促進するからだ。また、全身の血管が老化し、血流が悪くなって血液量が十分でなくなると、脳に十分な酸素が行かなくなる。こうして(1)を経過して(2)が起こると、血管性認知症の原因となる脳卒中が起こりやすくなる。だからこそ、まず身体全体の健康を維持することが、脳にとっても大切なのだ。

 (3)については、正常な老化でも神経細胞の働きは低下し、その数も減っていき、脳も萎縮していく。また、脳にさまざまな老廃物もたまってくることがわかっている。そのような避けがたい老化をカバーする機能が脳にはあると、アルツクリニック東京(千代田区)の新井平伊院長は説明する。

 「神経細胞が減ると、ごくわずかですが新しく生まれる機能もあります。また神経細胞を保護してくれるグリア細胞が増えたり、ダメージを受けた神経ネットワークを補完する別のネットワークも働きます。老化を防ぐためには、こうした代償機能やネットワークの働きを高めることが大切です」

 脳全体の機能を高めることが予防につながるのだ。そのためには「意欲的であることが大切です。神経細胞がたくさん働いている人は意欲が旺盛で、意欲が旺盛であれば代償機能やネットワークも維持されます」。

アルツクリニック東京(千代田区)の新井平伊院長

推理・判断・決断が必要なトランプや囲碁、将棋が有効

 そこで(3)の予防にすすめたいのが、トランプや囲碁、将棋などの対人ゲーム。計算ドリルや漢字パズルなどの脳トレやパソコン、スマホでのゲームは脳の限られた部分しか使わず、十分な刺激にならないという。「脳を鍛えるゲームの条件は、相手を推理し、判断して決断することでコミュニケーションツールとなること、繰り返しではないこと、そして楽しめることです」

 脳の神経細胞の老化は、(4)のメンタルの老化にもつながる。その予防のためにも、楽しいと思えて意欲的になれることをして、実際に人とコミュニケーションをとり、脳の広範囲の機能を使い刺激することが大切だ。

 運動も脳の機能を維持するために効果があることは、さまざまな研究から明らかになっている。とくに運動と計算など、同時に2つのことを行うデュアルタスク(二重課題、ながら動作)がよいことがわかっている。

 国立長寿医療研究センターが開発した『コグニサイズ』というプログラムを見聞きした人もいるだろう。新井院長はこれも楽しんで、意欲的に取り組むことが肝心だという。歩きながら歌を歌う、人と会話をするなど、楽しいと思える組み合わせを見つけて実践してほしい。

質の高い睡眠もきわめて重要

 睡眠もとても重要だ。睡眠不足は、脳にアミロイドベータを溜め込む原因になる。次の7つのポイントを意識し、睡眠の質を高めてほしい。

 (1)最適な睡眠時間は6・5~7時間

 (2)睡眠リズムを整える

 (3)睡眠環境をつくる

 (4)時間と気持ちの余裕を持つ

 (5)薬の服用も検討

 (6)寝酒はNG

 (7)睡眠時無呼吸症候群は適切に治療する

 (6)の飲酒については、睡眠の質を落とす以上に脳に悪影響を及ぼすという。「脳に限って言うと喫煙より飲酒のほうが悪影響を及ぼします。また、1日に飲む量よりも毎日飲むという習慣のほうが危険。脳の萎縮を着実に進めるからです」。

 次回は食事について。

 将来は65歳以上の5人に1人が発症するといわれている認知症。不安を抱きながらもその予防法については知らない、という方も多いのではないでしょうか?

 学研ウェルネスCLUBでは、認知症の専門医である横浜総合病院臨床研究センターの長田乾センター長を招いて、認知症予防の無料オンラインセミナー「専門医が教える 認知症予防の最新情報’21」を開催します。

 当日は認知症に関する最新の情報に加え、リスナーからの質疑応答セッションや、学研から認知症を含めた健康サポートの予防サービスのお得なご案内がありますので、ぜひご応募ください!

 参加費は無料です!お申込み締切は10月7日(木)。締め切りが迫っておりますので、お早目のお申込みをお願いいたします!

セミナーの詳細とお申込みはこちら⇒https://qrtn.jp/hk9k4

テーマ:「専門医が教える認知症予防の最新情報’21」
開催日時:2021年10月10日(日)11:00~12:30
定員:500名(先着順にご案内いたします)
講師:長田乾先生(横浜総合病院 臨床研究センター センター長)
配信形式:Zoomウェビナー
参加費:無料

関連記事

  1. 【中高年のための認知症講座】コーヒーを含む「現代的日本食」に注目

  2. 【いまさら聞けない高血圧①】将来の疾病予防へ今から治療を

  3. 【加藤梨里のお金と健康】新型コロナのPCR検査費用

  4. 【いまさら聞けない高血圧④】高血圧治療で薬を一生飲み続ける理由

  5. 今日は何日?すぐ答えられますか?

  6. 【画期的!アップルウォッチで心臓病予防】脳梗塞前の心房細動で治療開始

  7. 【「70歳定年」どう生きるか】知力・体力の寿命「75年」超えるとがん系か血管系どちらかの疾患に… 

  8. 【加藤梨里のお金と健康】コロナと医療費 いくらかかる?

  9. 【いまさら聞けない高血圧②】塩分過剰摂取で起きる動脈硬化が要因に 腎臓は「沈黙の臓器」

logo logo

連載

PAGE TOP