【チューヤンの民は食をもって天となすび】僕の叉燒(チャーシュー) ㊤

(*1)

チャーシューは漢字で「叉焼」と書きます。日本では「焼豚」や「煮豚」と表すのが一般的なのかな。豚肉を焼いた料理の一種。僕は小さい頃からチャーシュー(以下、叉燒)を愛している。そして今も変わらず大好物なのです!!・・ということで、今回は上編と下編にわたって香港の「叉焼」が食べられるお店について紹介します。( ´θ`)ノ

#2 再興燒臘飯店(ちょいへん しぅめい ふぁんてぃん)/湾仔(わんちゃい)

 電波少年で朋友の旅がスタートした時、プロフィール用のアンケートに好きな食べ物は?という質問があって、僕は「叉燒」と書きました。叉燒は子供の頃から本当に大好きでほぼ毎日食べていました。

叉焼を食べている6歳頃の僕。油で顔がテカテカしてる。中央はもっと小さい頃の僕。

 朋友の旅でノルウェーのスレットネス灯台にゴールした時、スタッフさんたちがわざわざ叉燒飯を用意してくれました。ゴールをお祝いする花火の時。叉燒飯を手渡してくれたの。すっごく嬉しかった!んだけど・・・。その時のノルウェーは真冬で、超超超寒くて・・・。大喜びして、パクッとひとくち食べて飲み込んだ次の瞬間、残りぜんぶが、寒さで氷のようにカチカチになっちゃったの!それ以上はもうカチカチすぎて、どうやっても食べられなかったよ・・・(涙)

僕たち朋友は1998年11月14日にゴールした。深夜0時を過ぎた時に写真を撮ったから写真の中の日付が15日になってるね。

 朋友の旅を終えてから、僕は生まれてはじめて日本に来ました。日本のラーメンの上に乗っているチャーシューを見て、本当にビックリしたのですよ!だって!!チャーシューを食べたいって伝えて連れてきてもらったのに…!?これは…?焼いてないんだもの!「これはチャーシュー?なんじゃこりゃ…!?焼いてないやん??…」って、すっごいカルチャーショックだった!今思い出すとちょっと笑っちゃうくらいパニックになったよ。

 日本のチャーシューはもちろん好き。でも!僕にとってのチャーシューは「叉焼」で、“僕が香港で食べていた叉燒”なのヨォォ・・!(泣)その後も、香港の叉燒は日本のものと全然違うと感じていたので、僕の周りのみなさんには絶対知ってほしいなぁと思って、当時のテレビ番組で香港ロケがある時は叉焼専門店に行くようにして「叉燒は焼いてるほうがいいのよ」とか「チャーシューは【叉”焼”】だよ」って沢山言ってたんだけど、どうにもうまく伝わらなくて「そうですか?そうですね」って、さらっと流されちゃって、冷たい反応だった。(T ^ T)

 香港に帰ってからも、日本の友達が香港に来た時に「美味しいお店に連れてって!」というリクエストにはいつも叉焼があるお店を選ぶようにしているよ。本場のチャーシューを食べて欲しいから。

 これはね、僕の大好きな叉燒への恩返しと、僕の大好きな叉焼とちょっと違うけど日本で「チャーシュー」として愛されているチャーシュー(焼豚/煮豚)へのほんの小さな僕なりの復讐?というか抵抗?なのだ!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ ・・・言葉にするとちょっと大袈裟だけど、まぁそんな感じ。( ꈍᴗꈍ)

 さて、今回紹介するお店はその“日本の友達が香港に来た時に連れて行くお店”の1つで、香港島の中心街・湾仔(わんちゃい)にあるロースト肉料理(燒臘)専門店「再興燒臘飯店」です。

チューヤンYouTube

チューヤンの民は食をもって天となすび#2 僕の叉燒【前編】〜本当のチャーシューは!焼いている!だよぉ〜 ლ(´ ❥ `ლ)の巻〜

P.S. お店の人たちは顔が超真剣!でも安心して食べてね。怒ってないから(笑)。早く食べてすぐお会計するのがおすすめ。いつも混んでるから!( ꈍᴗꈍ)

写真撮影はお店に許可を頂いてお店の邪魔にならないように行いました(。♡‿♡。)

次回は#3 僕の叉燒 ㊦

つつく(*2) 

お店情報はコチラ。

再興燒臘飯店HP: https://joyhing.com/

グルメサイト: https://tripping.jp/east-asia/hongkonローストにくg/hongkong-island/64098


【用語説明】

*1:タイトルの民以食為先=民は食をもって天となす(意:「民にとって大事なのは食べること」)という孟子の言葉と、かつて同じ番組で共演しており、現在でもチューヤンが愛してやまないタレントのなすびさん(インスタグラム:https://www.instagram.com/nasubi8848/)の名前を合体させた、チューヤンのオリジナル言語。 

*2:つつく=日本語の「続く」をもじって作ったチューヤンのオリジナル言語。締めの際に使われる。チューヤンのTwitterでほぼ毎日使われている。ちなみにチューヤンのTwitterでは、フォロワーは「朋友(パンヤオ)」、フォロワー同士のやりとりや相互フォローは「パンヤオの輪」と呼ばれている。 

■チューヤン(朋友) 1972年8月4日、香港生まれ。本名:謝昭仁(チェ・チューヤン)。デザイン専門学校を卒業後、香港でグラフィックデザイナーをやりながら多数のラジオ番組で人気DJに。98年、人気バラエティ番組「進ぬ!電波少年」(日本テレビ系)の香港オーディションを受け合格。俳優の伊藤高史と「朋友(パンヤオ)」を結成し、アフリカ・ヨーロッパ大陸縦断ヒッチハイクの旅を成功させた後、「進ぬ!電波少年」「雷波少年」(日本テレビ系)の司会やドラマ、バラエティー番組、舞台等で活躍。05年、引退し帰国。現在、制作プロダクション「KCM PRODUCTIONS」で顧問を務める。

Twitter:https://twitter.com/tsechiuyan

Instagram:https://www.instagram.com/tsechiuyan/

記念すべきチューヤンのデビュー記事はこちら⇒https://lifraplus.com/favorite/tsechiuyan1

関連記事

  1. 【元病院長のこだわり定年ライフ】バイクは相棒。70歳でBMW1200ccにはまる

  2. 【山口えりこの美味しいもの倶楽部】恵比寿「馬肉屋たけし」

  3. 【ソウルメッセンジャーMARIAの占い部屋】6月の恋愛運(6/7)

  4. 2年ぶり富士山開山 山梨7月1日、静岡10日に

  5. 【チューヤンの民は食をもって天となすび】僕の叉燒(チャーシュー) ㊦

  6. 【ソウルメッセンジャーMARIAの占い部屋】今週あなたに起こるいいこと(8/23)

  7. 【山口えりこの美味しいもの倶楽部〜B級グルメのススメ〜】月島「もんじゃ焼 錦」

  8. 【さかもと未明画伯のアート超入門】「大きくなったら漫画家になる!」プロへの原点は小学生時代の通信教育…

  9. 【ソウルメッセンジャーMARIAの占い部屋】6月の全体運(5/31)

logo logo

連載

PAGE TOP