【山口えりこの美味しいもの倶楽部〜B級グルメのススメ〜】月島「もんじゃ焼 錦」

飲食トレンドリサーチャー山口えりこが「B級グルメ」をキーワードに、食べる者をトリコにする魅惑の美味しさと、ついSNSに上げたくなるような見た目の華やかさを併せ持つおすすめのB級グルメをご紹介します。

#1 月島もんじゃ もんじゃ焼 錦(にしき) (東京/月島)

下町のソウルフード、もんじゃ焼き           

 東京下町の駄菓子屋には、昭和40年代から平成初期(1965年~1992年)ごろまでは大抵もんじゃ焼きの鉄板がありました。駄菓子屋は子供たちの社交場として機能しており、かくいう私も、近所の駄菓子屋さんの外にレンガ4つの上に雑に設置された鉄板でもんじゃ焼きの液体(30円)と駄菓子屋のおばちゃんお手製の天かす(10円)を購入してもんじゃ焼きをしていた1人でした。普段は5円ガムや10円チョコを2つ3つしか買わないのに、友達と一緒の時は奮発してもんじゃ焼きを注文し、小さな「ハガシ」でちょこちょこと世話をしながら、天かすしか具が入っていないもんじゃを楽しんでいたものでした。

今もレトロな看板や昔ながらの街並みが残る月島

1960年代の「子供もんじゃ」が進化、1980年に大人もんじゃを経て「革新もんじゃ」が誕生!

 1960年代頃までにみられた初期の形態は「子供もんじゃ」、1950年代に誕生した切りイカ、桜えび、肉などの具材が伴うものは「大人もんじゃ」、そして1980年代以降、もんじゃは餅、明太子、チーズなど新しい食材を用いたものとなり、「革新もんじゃ」と分類され、爆発的にブームとなりました。今回は、1978年に創作もんじゃを月島で初めて試みて、今も多くの絶品オリジナルもんじゃを作り出している「もんじゃ焼 錦(にしき)」を紹介します。

もんじゃストリート入り口から右側を奥に5分ほど進むとお店に到着。
お店の入り口に画像入りの看板があります。大迫力です。否応なしに期待が高まります。
看板に偽り無し。お試しの価値ありです。

『メニューが豊富すぎて選べない事件』発生!そんな時は・・

 錦(にしき)のメニューはとにかく多い!そしてメニューカテゴリーや1つひとつのメニューが、すごく気になるネーミングになっています。もんじゃタコス、ドラキュラ、ロコモコもんじゃ、里の頼り・・・・・!メニューに載っているもんじゃだけでも選び切れないのに、なんと壁にもメニューが!「何を選んだらいいの・・。」そんな時は、迷わず、お店の方に相談しましょう。どんなにお店が混んでいても、お腹の減りぐあい、好きな具、苦手な具、などを聞いてくれて、ぴったりなもんじゃを教えてくれます。昔ながらのもんじゃやお好み焼きもあるのでご安心ください。

もんじゃ焼きに加えてお好み焼きと一品料理とデザートまで充実のラインナップ!
ラーメンの味がするもんじゃとは・・
うなぎのもんじゃ『スタミナてんごく」・・・黒ひげ・・・

初心者はお店の方に焼いてもらうべし!美味しさが断然違います!

 今回注文したのは、一番人気の「もち明太」と「もんじゃ深川」。月島もんじゃの焼き方の特徴は、土手を作ること。作り方を知ってるよ、という方でも、1回は、お店の方に焼いてもらうことをお勧めします。お店の方も質問されることに慣れているようで丁寧に教えてくれます。

『もち明太』 1,570円 (もち、明太子、天かす、キャベツ、ソース)「今まで食べてきたもち明太もんじゃは何だったの・・?」と思考崩壊する絶品です。ボリューム満点。
『もんじゃ深川』 1,760円 (あさり、そば、ご飯、味噌、ねぎ、キャベツ、醤油)あさりの旨味と味噌のバランス、米とそばと小麦粉の食感がたまらない逸品です。焼き上がりを待つまでに漂うあさりと醤油の香りがたまりません!
特に1つめの焼きはお店の方にお任せするのがおすすめ。錦(にしき)では、キャベツを全て手切りしているので固い芯が入っていません。鉄板の上でキャベツを刻む必要がないため、大きな音を立てることなく、キャベツの食感を残しながら丁寧に焼いてくれます。
カエシで表面でふつふつしているもんじゃを軽く引き寄せながら淵まで移動させ、上から鉄板に押さえつけてジュッと焼きつけて、カエシを裏返して口へ運びます。(激アツ火傷注意)
おこげを育てながら食べ進めます。香ばしさを味変としたり、パリパリとした食感を楽しんで。

メニューが豊富でボリュームがあって美味しい楽しい東京月島もんじゃ。天気の良い日は銀座からバスや徒歩で月島まで海風を感じながら移動するのも気持ちいいです。休日や週末のお散歩にいかがでしょうか?


店舗情報

●店舗名:もんじゃ焼 錦(にしき)

●住所:東京都中央区月島3-6-4

●電話:03-3531-6761

●営業時間:平日11:00-14:00、17:30-20:00(LO19:30)、土日祝日11:00-20:00(LO19:30)、GW不休

●定休日:火曜日

●サービス:テイクアウト可、お子様連れ可

●お知らせ:緊急事態宣言中は終日アルコールの提供を中止。

●席予約:食べログから予約可能

●公式SNS(Instagram): https://www.instagram.com/monjayaki.nishiki/

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13012776/

*本記事に掲載している店舗データ及びメニューは、2021年5月1日時点での情報です。月島もんじゃに関する最新情報につきましては公式SNSをご確認ください。


■山口えりこ(やまぐち・えりこ) 
飲食トレンドリサーチャー、レストランプロデューサー 。外食企業にて店舗運営や経営企画、広報戦略室長を歴任。Parisと東京を中心に「お客様が楽しく安心して過ごせる空間」「体と環境に良いもの」をテーマに活動中。アプリ”clubhouse”で飲食店と生産者に会いに行く体験型クラブ「美味しいもの倶楽部☆東京」を運営中。テレビ東京「TVチャンピオン極ーラーメン王決定戦ー」女性史上初のセミファイナリスト。
Twitter:https://twitter.com/EcoLone1 
Instagram :https://www.instagram.com/esprit.e
clubhouse:山口えりこ

関連記事

  1. 【ソウルメッセンジャーMARIAの占い部屋】5月の全体運

  2. 【元病院長のこだわり定年ライフ】バイクは相棒。70歳でBMW1200ccにはまる

  3. ビギナーでもサクッと登れる駅近名山10コース 遠出することなく、駅から直接登り下り可能! 

  4. 【さかもと未明画伯のアート超入門】「好きな人への叶わなかった思い」を歌ってるんです!

  5. 動画三昧 映画やテレビドラマ、バラエティー、アニメまで続々と配信

  6. 大谷打撃好調の秘密は「2番」 球界最高バッターの前を打つ意味

  7. 【ソウルメッセンジャーMARIAの占い部屋】6月の恋愛運(6/7)

  8. 【チューヤンの民は食をもって天となすび】#1 谷媽媽小店

  9. 【瞬速おつまみ】市販のポテサラで「アボカドのポテトグラタン」

人気記事

logo logo

連載

PAGE TOP