【さかもと未明画伯のアート超入門】「なりたい自分になる!」絵を描くことでポジティブに

 漫画家にして作家。時には世間を騒がす話題も振りまきつつ、アスペルガー症候群、膠原病など度重なる病を乗り越え、歌手に画家などアーティストとして進化し続ける筆者が「芸術のお手ほどき」という新境地に挑戦します。

前回のあらすじ<幼少期、読書好きの母からたくさんの絵本を読み聞かせてもらったことで芸術の素養を磨きました。小学生時代には、その母の後押しもあり漫画の通信教育を受け、夢中になって練習。それが漫画家としてプロになる原点でした>

ただ描きたかったから

 「日本漫画学院」の通信教育は本当に楽しかった。それは、自分が「プロになろう」とか、「なれるかしら」とか言う問いの前にいたからだと思います。私はまだ小学生でしたから、「漫画家になりたい」と言っても、誰も反対しません、「へーえ」「なれたらいいね」と言われるだけ。一方でいじめっ子たちには、「無理に決まってる」とからかわれましたが、「やってみないとわからないし」と、あんまり気にしませんでした。プロになるとかならない以前にただ描きたかった!

 だって所詮小学生なんですから、いつか、「やっぱり無理だから、やーめた」と言ったところで、誰も困らない。母が払ってくれた通信教育の教材費なんて、たかが知れていました。

通信教育の先生にはよくしてもらいました。だんだん評価も上がりました

 でも、講評をしてくれる先生方にはとてもよくしていただきました。通信教育の先生方というのは、割に合うとか合わないでなく、人を育ててくれる。ありがたい存在だなあ、と、つくづく思います。ネットで調べたら、10年くらい前まであったみたいですね。一回くらい卒業後、「プロ活動しています」とかって報告とかすればよかったです。

広告裏に毎日クロッキー

 さて、通信というのは「課題を出す」だけなのですが、これが学校生活の合間にするのがかなり大変で、「一年」コースを私は四年以上かけて勉強しました。でも、矢張り好きだったみたいで、「毎日クロッキーしましょう」「公園や電車などでは色んな人を良く観察し、その特徴を絵に捉えるよう心がけましょう」みたいなテキストの指導通り、クロッキーなどは続けていたんです。

 クロッキーなら、お金がなくても紙と鉛筆で出来ます。そのころは片面印刷の広告も割とあったので、広告の裏によくお絵かきをしたものです。そういう通信教育をうけなかったら、お人形さんの顔とドレスくらいしか描かなかったでしょうが、テキストに「色んなポーズ、色んな体形、年齢の人や物を描きましょう」とあったので、その通りを心掛け、赤ちゃんやおばあちゃんも描き、顔だけでなく全身も描くようにしました。子供には結構大変なことで、途中でやめたデッサンは山ほど(笑)

 しばしば若い漫画家さんは、普通の若いキャラクターの顔に皺だけつけ足して「お年寄り」としますが、シルエットがそもそも違うことをどう描き分けたらいいのか、などに関心がいくようになりました。また、体の部位では一番難しかったのは手と足。特に手です、足も意外とちょうどいい大きさでかけないし、立っているような立体感が出ない。

右向きの顔を描くのは結構難しいんです

ひっくり返して、違う方向から見てみる

 手は、鏡に映したり、自分の左手にいろんな形をとらせて描いたりして練習しました。あと、左向きの顔は描きやすいですが、右向きの顔は描きにくいです、これはみんながそうみたいで、、。それを克服するために、紙をガラスの窓に貼り付け、外の光で裏に描いた左向きの顔を透かし、逆からなぞって右向きの顔も描けるよう工夫しました。これはプロの漫画家になってからも続けた修行です。その後の副読本としては、高校一年の授業で紹介された「脳の右側でかけ」という本、私たちは物事をしばしば概念でとらえる。つまり左脳でとらえて思い込みで見たり描いたりするので、実際はそのものの形や本質を見ていない、という事を書いてあったと思います。右の脳は思考でなく「感じる」脳なので、左脳の支配から自由になって右側を使うようにすると、いい絵が描けると。

右脳を使って「感じる」ことの重要性を教えてくれた本「脳の右側で描け」。これから絵を始める人はぜひ参考にしてください

 言葉でいうと難しいのと、読み返していないので、違う表現だったかもしれませんが、「色んなものをひっくり返し、いつもと違う方向から見て描くといい訓練になる」というのは面白くて、かなりやりました。あと、この訓練は、物事をとらえたり考えたりするときに、いつも「新しい発想を探せば。難問も解決できる」と私に教えてくれました。

 そんな努力が実ってか、通信教育の最初は普通に「もっと頑張りましょう」的な講評しかいただけませんでしたが、最後の頃は「12歳とは思えない描写力」なんていう講評も返って来るようになりました。成績も上がりました。何か好きなことに打ち込むと、他のことも連動して力がつくのかも!

4年かけて日本漫画学院を卒業しました

 そして、日本漫画学院を卒業した昭和54年12月からすぐ後に行われた「ア・チープメント・テスト」という神奈川県の一斉テストで、私は県で指折りのハイスコアをあげてしまったんです! そこまで頑張らなくていいのにね(笑)。友だちには微妙な距離を置かれちゃうし。両親には「女の子は、あまり勉強ができると、結婚できなくなる」とか言われたりして、やりにくかったなあ。

オタクとは距離。”デキる”より、”モテる”を求めて

 なので漫画学院を卒業した後に、「同人誌会員になりませんか?」と言っていただいたんですが、入らなかったんですね、「もしかして受験校に行くかもしれないから、さすがに時間的に無理」と思ったのが一つ。

 あとは、そのころから「オタク」という言葉が出てきたのですが、漫画やアニメに夢中で、普通の「もて」とかから遠くにいる方たちが、互いに「オタク」と呼び合って、マニアックな世界を作り始めていました。漫画学院の同人誌は違ったかもしれないけど、一般に、漫画の同好会はすごーくオタクな空気が強かった! 自分が見るからに「オタク」なのがわかっていたからこそ、ちょっと漫画から離れて違う世界を見たくなったんです・ 

本当は「オタク」だったけど、モテるために、漫画からは一時離れました

 そのままオタク街道を突っ走ったら、違う人生だったかもしれません、あるいは受験校から有名大学、そして知的職業に就くなどして、「秀才の安西さん(本名ね)」として生きていくのが良識的には最善だったでしょう。でも、そこは思春期。「できる女より、モテる女になりたい!!」と、私は考えるようになったのです!  周囲は私にそんなことを全く期待していないのに(涙)

「終わらない自分探し」

 私は後にコスプレにはまり、後には和服で言論人をさせてもらったかと思うと、急に「ジャズシンガーになりたい」の、「本格的な絵を描きたい」のと、周りとの軋轢を起こしながら今の私に変わってきました。でも、、こうして振り返ると、この時もまさにそうでした。私の「表現欲求」の大元には、「なりたい自分になる」というテーマがあり、「終わらない自分探し」があるんだな、とつくづく思います。

幼稚園のお遊戯会ではセンターポジション

 幼稚園の時の写真に戻ると、将来オタクになってしまうとは思えない、かわいい私がいます。当時は毎日「かわいい」と言われ、お遊戯会では「メダカのお母さん」役で、センターとをとらせていだたいております。卒園の文集では、誰よりも大きなスペースで自分の名前をアピール。最後の文字が収まらないという、なかなかできない逸脱表現もしているのを発見。周りのことを全く考えられない」発達障碍者にありがちな自己中な行動が散見され、心が痛いです(涙)。

幼稚園卒園の寄せ書きでは一番大きい字でアピールも名前入りきらず

 でもこの頃が、私は楽しかったんですね、

 「あの頃に帰りたい!!」。(BGMここからユーミン)。「可愛がられる私に戻りたい!」そんな熱い思いが私を支配し、高校に入ってから、私の行動の迷走、成績の急降下には歯止めがかかりませんでした。思春期って、やはり難しいですね。。

高校時代は自殺の誘惑も、、

 結局私は厚木高校という進学校に行きましたが、前にも書いたように、中学の頃から家庭環境がかなり悪くなっていました。せっかく進学校に入ったのに、親に毎日「大学行かなくていい」と言われ、お小遣いもほとんどないので部活もできず、お洒落をすることもできない。勉強に没頭しようにも参考書も買ってもらえない、頑張っても大学いけないかもしれない。モテたいし、恋愛もしたいけど、今まで背負ってきた「秀才」「ブサイク」の看板をどう外していいのかわからない、、、、。

 私の高校三年間は、しばしば自殺の誘惑と隣り合わせのドン詰まりの袋小路でありました。青春が楽しいとか、輝かしいなんて嘘っぱち!!

 自分の人生をどう生きたらいいか見つけなきゃいけないし、親の支援が受けられない場合、まだ10代の子供にとって、人生の扉を開けるのは、もう半端なく大変!

 かくして私は世にも暗い青春期を送ることになるのです(BGMは「圭子の夢は夜開く」)。

漫画家デビューした私

一番大切なのは愛とパワー!

 でも、それがあったから今こうして書くこともあるし、若いときに頑張れなかったから、その分をとり戻したくて頑張れる。病気も背負ったから、今は自分を偽らずに表現に向かうことができるようになりました。だから「人生、いいときも悪いときも、両方味わわなきゃ、だめだよね」ってすごく思います、そして、対象をひっくり返して描いたように、辛いときもそれをひっくり返して俯瞰するんです。すると「これは次のいいことに向かうためのトレーニング」とか、「辛い人に寄り添うには、自分もそれを乗り越えないと」とか、色んなポジティブシンキングが生まれるんです。だから下手とかうまいじゃなく、発想のトレーニングに是非絵を描いてみてください。思わぬ世界が見えてきたりしますよ。本当に。

 そして、アートは作品あってこそですが、それ以上にみんなの人生一つ一つが「アート作品」。 もともとは自分の事しか考えられなかった私ですが、アートを志すことで「自分以外の誰か」に強く関心を持てるようになりました。作品は技術も大事だけど、一番大切なのは愛とパワー! アーティスト自身が愛に溢れていないといけないな、と、いつも目標にしています、なかなか仏陀の境地にはなれませんが!

さて、次回は「パリ特派員、未明のパリレポート」です。お楽しみに!!

 

漫画家となって、アニメと合体したPV「Night in Tunisiaも作りました。ぜひ見てください★チャンネル登録もよろしく!

こちらもアニメと実写のMIXです。アニメ監督として今はとても有名になった高嶋友也との作品です!

終わらない自分探し感が出てるかな? PV「Charade」 楽しんでください!!

「Night in Tunisia」は、最新アルバム「MOULIN ROUGE」に入ってます。購入はこちら!

 ■さかもと未明(さかもと・みめい) アーティスト。1965年横浜生まれ。神奈川県立厚木高校卒。玉川大学英文科卒業後、商社勤務を経て漫画家に。その後、評論活動やテレビ出演も多くコメンテーターとしても活躍、歌手デビューも果たす。2007年に膠原病と診断され、発達障害だったことも明らかに。画家としても本格的な活動を開始した。

連載1回目はこちら!

連載2回目はこちら!

連載3回目はこちら!

関連記事

  1. 【ロングセラーを読む】司馬遼太郎著「最後の将軍 徳川慶喜」

  2. 【元病院長のこだわり定年ライフ】バイクは相棒。70歳でBMW1200ccにはまる

  3. 【ソウルメッセンジャーMARIAの占い部屋】今週起こるいいこと(7/12)

  4. 【さかもと未明画伯のアート超入門】「大きくなったら漫画家になる!」プロへの原点は小学生時代の通信教育…

  5. 【ソウルメッセンジャーMARIAの占い部屋】6月の恋愛運(6/7)

  6. 2年ぶり富士山開山 山梨7月1日、静岡10日に

  7. 【ソウルメッセンジャーMARIAの占い部屋】今週、気をつけること(6/14)

  8. 【元病院長のこだわり定年ライフ】アウトドアに再挑戦。長期単独行へ準備万端!

  9. 【いいもの見つけた!】祝!「ほっとレモン」真夏も販売へ

人気記事

連載

PAGE TOP